1634駅23万円の「JR東日本30周年記念入場券」、7月21日に購入受付開始

1634駅23万円の「JR東日本30周年記念入場券」、7月21日に購入受付開始

「JR東日本30周年記念入場券」のイメージ。実際は、きっぷはバインダーにセットされていない状態で送付される(画像:JR東日本)。

「JR東日本30周年記念入場券」の購入申し込み受付が、2017年7月21日に始まります。

限定300セット

 JR東日本は2017年7月14日(金)、「JR東日本30周年記念入場券」の購入申し込みを21日(金)から受け付けると発表しました。

 この商品は、JR東日本発足30周年を記念し、同社全1634駅(2017年4月現在)の入場券とバインダーがセットになったものです。価格は22万8760円、発売数は300セット限定。発売日は「鉄道の日」の10月14日(土)です。きっぷは昔ながらの硬い厚紙でできた硬券タイプで、入場券としては発売当日から2018年3月31日(土)まで1回限り有効です。

 申し込み受付は特設サイトで7月21日(金)午前10時から8月21日(月)17時まで行われます。購入は1人1セットまで可。申し込み者多数の場合は抽選が行われます。

 なお、記念入場券の購入申し込み期間中、1634駅から「景色が綺麗な駅」「一生に一度は訪れたい駅」「子どもと行きたい、連れて行きたい駅」「思い出深い駅」「住みたい駅」の5カテゴリーについてSNS投稿を受け付けるランキングイベントも実施されます。

【写真】記念入場券バインダーの表紙

関連記事(外部サイト)