消えるトンネルの「オレンジ色」 近年は照明の色に変化、なぜあの色だったのか?

トンネルの"オレンジ色"減少

消えるトンネルの「オレンジ色」 近年は照明の色に変化、なぜあの色だったのか?

消えるトンネルの「オレンジ色」 近年は照明の色に変化、なぜあの色だったのか?

トンネル内のオレンジ色の照明には「低圧ナトリウムランプ」が使われている(画像:photolibrary)。

トンネルクルマで走っていると、オレンジ色の照明をよく見かけますが、近年は数を減らしているそうです。なぜあの色だったのでしょうか。

オレンジ色が採用されたワケ

 高速道路などのトンネルでは、オレンジ色の照明を目にします。屋内ではあまりなじみのない色ですが、なぜトンネルではあの色が採用されているのでしょうか。

 NEXCO中日本は、「オレンジ色の光は、ちりや排気ガスなどの影響を受けにくいため」と説明します。照明灯具は「低圧ナトリウムランプ」という、ガラス管にナトリウムの蒸気を封入したもので、トンネル内の照明として採用されたのは昭和30年代からだそうです。

 一方で、オレンジ色の照明のなかでは、赤色のものが黒っぽく見えてしまうデメリットも。そのため消火栓は蛍光色の赤色で塗装され、赤色に見えるように工夫されているそうです。ちなみに自然光のなかでは「蛍光色が際だった赤色に見えます」とのことです。

 長年、目にすることの多かったあのオレンジ色ですが、じつは近年、数を減らしています。というのも現在、トンネル内の照明は、発光色が白い「高効率(Hf)蛍光ランプ」を標準としているためです。

数を減らすオレンジ、最近の主流は…?

 NEXCO中日本は「1999(平成11)年からは、蛍光ランプを使用し始めています」といい、低圧ナトリウムランプについては、「老朽化によるトンネル照明灯具の更新にあわせて、今後も減り続けていくでしょう」と話します。

 また高効率(Hf)蛍光ランプについて「従来の蛍光ランプよりエネルギー消費効率が高く、瞬時に再点灯することができます」と説明します。

 その寿命は低圧ナトリウムランプの約8000時間に対し約1万2000時間と長く、加えて「低圧ナトリウムランプよりも自然光に近い色であることから、多くのトンネル照明に導入されています」(NEXCO中日本)といいます。

 さらに、最近では「LEDランプが増えています」とも。LEDランプは高効率(Hf)蛍光ランプに比べより一層、自然光に近い色になっているそうで、「色の再現性が高く、消費電力も低く、平均寿命も6万時間と長くなっています」(NEXCO中日本)とのことです。

 メリットしかないように聞こえるLEDランプですが、実際にもそのようで、今後のトンネル内照明についてNEXCO中日本は、「LEDランプが主流となっていくと考えられます」としています。

【写真】トンネル内外の構造を丸裸に

関連記事(外部サイト)