「トーマス号」ニコ生で5時間生中継 その日初運転の「ジェームス号」も登場

「トーマス号」ニコ生で5時間生中継 その日初運転の「ジェームス号」も登場

「バスのバーティー」と並走する「きかんしゃトーマス号」(画像:大井川鐵道)。

2017年7月22日、大井川鐵道が「きかんしゃトーマス号」の様子などを「ニコニコ生放送」で5時間にわたり配信します。

22日午前11時から

 大井川鐵道(静岡県島田市)は2017年7月14日(金)、ソニー・クリエイティブプロダクツと共同で、「きかんしゃトーマス号」の様子などを5時間にわたり生放送すると発表しました。

「大井川鐵道から『きかんしゃトーマス』生中継 車窓の景色を眺めよう!」と題し、22日(土)の午前11時から16時まで、動画配信サービス「ニコニコ生放送」で配信されます。

 放送では、大井川鐵道を走る「きかんしゃトーマス号」をはじめ、「バスのバーティー」、機関車の「ラスティー」、さらにこの日、2017年初運転となる「きかんしゃジェームス号」などの様子が取り上げられるほか、千頭駅(静岡県川根本町)で開催されるイベント「トーマスフェア」の模様も紹介されます。

 大井川鐵道は「トンネルや山間部が多く、必ずしも電波状況がいいとは言えない地域もあるのですが、困難に打ち勝ち、新金谷駅までの道中、無事に生中継をこなすことができるでしょうか。お楽しみに」としています。

関連記事(外部サイト)