「四季島」が立ち寄るワイナリーのワインが鉄博に登場 ボトルは持ち帰りOK

「四季島」が立ち寄るワイナリーのワインが鉄博に登場 ボトルは持ち帰りOK

提供されているオリジナルラベルワイン。左から「日本食堂 甲州シュールリー」「日本食堂 マスカット・ベイリーA」(2017年7月、中島洋平撮影)。

豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の旅で立ち寄るワイナリーにおいて醸造されているオリジナルワイン2種類が、鉄道博物館内のレストランに登場しました。

2種類のオリジナルワイン

 日本レストランエンタプライズ(NRE)は、2017年7月14日(金)に鉄道博物館(さいたま市)内にオープンした「トレインレストラン日本食堂」で、オリジナルラベルワインを提供しています。

 このワインは、JR東日本が運行する豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」の旅程で乗客が立ち寄る山梨県笛吹市のワイナリー「ルミエール」が醸造したもの。ラベルには店のロゴがあしらわれています。

 ワインは、山梨県東部で生産された原料から作られ、長期間樽熟成をさせた「マスカット・ベイリーA」と、ほのかな柑橘の香りが特徴という「甲州シュールリー」の2種類。いずれもグラスが700円、ボトルが4000円です。ボトルを注文すると、開封したボトルを持ち帰ることができます。

 NREは「今後もカシオペアで提供していたメニューやコースの再現など、鉄道ファンに満足していただける企画も検討してまいります」としています。

【写真】レストランは食堂車をイメージ

関連記事(外部サイト)