「三陸鉄道ジオ鉄フリーきっぷ」追加発売 地形・地質・鉄道を楽しむ冊子付き

「三陸鉄道ジオ鉄フリーきっぷ」追加発売 地形・地質・鉄道を楽しむ冊子付き

「三陸鉄道ジオ鉄フリーきっぷ」と『三陸鉄道ジオ鉄マップ』(乗りものニュース編集部撮影)。

三陸鉄道が2017年7月25日から「三陸鉄道ジオ鉄フリーきっぷ」を追加発売。沿線の地形、地質や三陸鉄道の線形、歩みなどが楽しめる冊子付きです。通販にも対応しています。

土休日に三陸鉄道1日乗り放題

 2017年7月25日(火)から、三陸鉄道(岩手県宮古市)が「三陸鉄道ジオ鉄フリーきっぷ」100セットを追加発売します。

 このきっぷは深田地質研究所の「深田研ジオ鉄普及委員会」が2年あまりかけて作成した『三陸鉄道ジオ鉄マップ』がセットになっています。地質図には路線図と縦断面図、トンネル、橋が落とし込まれており、全52ページの冊子部分には三陸の地形や地質の解説、津波被害の記録、鉄道の歩み、駅情報などの内容も満載です。

 きっぷは2018年8月24日(金)までの土休日1日に限り、三陸鉄道の南リアス線と北リアス線が乗り放題に。価格は2930円です。宮古駅と釜石駅の窓口では10部ずつを用意し7月25日(火)から発売。残り80部は同日から通信販売で発売されます(別途送料が必要)。

関連記事(外部サイト)