首都高「横浜駅東口」出口ランプの通行方法が変更 地下広場への誤進入を防止

首都高「横浜駅東口」出口ランプの通行方法が変更 地下広場への誤進入を防止

横浜駅東口における、国道1号上りと首都高K1横羽線・横浜駅東口出口ランプの通行方法の変更イメージ(画像:国土交通省関東地方整備局)。

横浜駅東口における、国道1号上りと首都高K1横羽線・横浜駅東口出口ランプの通行方法が、2017年8月1日から変更されます。高さ制限を超過した車両の誤進入を防ぐためです。

高さ制限オーバーの大型車が誤進入

 国土交通省関東地方整備局は2017年7月19日(水)、国道1号上りの横浜駅東口の区間で、通行方法を一部変更すると発表しました。

 ここは現在、首都高K1横羽線の横浜駅東口出口ランプが国道に合流し、直後に地下広場へ分岐するレーンが設けられていますが、並行して、ランプから国道に合流せずに地下広場へ直進できるレーンもあります。

 地下広場への道路は高さ制限(3.0m)がありますが、これを超過した車両の誤進入が複数発生。今回、この事態を受け、ランプから地下広場への直進レーンを廃止し、すべての車両が国道にいったん合流するよう、ランプと国道の合流部分が改良されます。

 変更は8月1日(火)午前5時からです。この影響で、横浜駅東口出口ランプは前日の7月31日(月)21時から通行止めになります。

【写真】誤進入して事故を起こしたトラック

関連記事(外部サイト)