北近畿5駅で記念入場券を限定発売 観光地をデザイン、日英2か国語版 JR西日本

北近畿5駅で記念入場券を限定発売 観光地をデザイン、日英2か国語版 JR西日本

北近畿エリアの観光スポットがデザインされた記念入場券と台紙のイメージ(画像:JR西日本福知山支社)。

JR西日本福知山支社が、北近畿エリアの観光スポットがデザインされた記念入場券セットを2000部限定で発売します。

日本語と英語の両面刷り

 JR西日本福知山支社は2017年8月1日(火)から、北近畿エリアの観光スポットをデザインした記念入場券を発売します。

 記念入場券は日本語と英語の両面刷りで、福知山城(京都府福知山市)や吉原入江(京都府舞鶴市)、赤レンガパーク(同)、出石永楽館(兵庫県豊岡市)、城崎温泉(同)の写真入り。記念台紙にも観光地がデザインされており、購入時には4色から選べるパステルカラーの封筒もプレゼントされます。

 発売期間は2018年3月31日(土)まで。5駅分の入場券が5枚1セットで700円です。枚数は2000部の予定で、完売次第終了。西舞鶴駅、東舞鶴駅、福知山駅、豊岡駅、城崎温泉駅の「みどりの窓口」営業時間内に発売されます。

 JR西日本福知山支社は「訪日観光のお客様も国内観光のお客様も北近畿へお越しの際は、ぜひお買い求めください」としています。

関連記事(外部サイト)