温泉+絶叫マシン! 別府市長の「湯〜園地(ゆ〜えんち)」期間限定で本当に実現

温泉+絶叫マシン! 別府市長の「湯〜園地(ゆ〜えんち)」期間限定で本当に実現

「湯〜園地」のアトラクションのひとつ、「温泉バブルジェットコースター」。写真は試験運行の様子(画像:別府市観光課)。

大分県別府市長がかねて公約としていた、温泉につかりながら楽しめる遊園地「湯〜園地」が、7月29日(土)から3日間限定でオープンします。どのような遊園地なのでしょうか。

支援額8000万円以上 税金一切使わずに

 大分県別府市が2016年11月にインターネット上で公開した動画にて描かれた、温泉につかりながら楽しめるアミューズメント施設「湯〜園地」が現実のものになりました。2017年7月29日(土)から3日間限定で市内のレジャーランド「別府ラクテンチ」にオープンします。

 これは、温泉地として知られる別府市が掲げる「遊べる温泉都市構想」の取り組み第1弾として実行するもの。先述の「公約ムービー」と呼ばれる動画では、長野恭紘(やすひろ)市長が「再生回数100万回を達成したら実現する」としていましたが、公開からわずか3日間で再生回数100万回を達成し、現在までに400万回を超えています。

 公約実現に向け、別府市はインターネットのクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」や市のウェブサイト、窓口を通じ、入園券(8000円)などを返礼品として広く支援を募り、2017年2月から7月までに約8183万円を集めました。これにより、税金は一切使わずに「湯〜園地」を実現しているといいます。なお今回はおもに、これら出資者に向けてオープンするもので、当日入園券などは販売されません。

 公約ムービーでは、タオルを巻いた人々が遊園地内を歩き、温泉につかりながら乗るジェットコースターやメリーゴーラウンド、観覧車といったアトラクションが登場していました。それらはどのように実現したのでしょうか。

アトラクションは8種類 ほかにも増える?

「湯〜園地」プロジェクトを担当する別府市観光課に、その詳細を聞きました。

――どのようなアトラクションがあるのでしょうか?

 7月25日(火)現在で8つのアトラクションが決定していますが、オープンのぎりぎりまで可能性を探っており、今後追加があるかもしれません。

関連記事(外部サイト)