羽田空港の「跡地」って? 拡張を続ける日本の玄関口、その一角で再開発が本格化

羽田空港の「跡地」って? 拡張を続ける日本の玄関口、その一角で再開発が本格化

再開発される天空橋駅周辺の空港跡地(画像:大田区)。

歴史的に拡張をくり返し、2010年にはD滑走路や新国際線ターミナルも開業した羽田空港。そのなかで、使われなくなった「跡地」の再開発も具体化しています。その跡地とはどこで、何ができるのでしょうか?

あの駅の周辺に広大な空き地

 日本の玄関口のひとつである羽田空港は、歴史的に拡張をくり返してきました。2010(平成22)年には4本目の滑走路となる「D滑走路」や新国際線ターミナルも開業しましたが、そうした拡張のなかで、空港施設の「跡地」も生じており、その再開発が進められています。

 再開発の対象となるのは、京急と東京モノレールの天空橋駅付近から、国際線ターミナルにかけての広大なエリアで、周辺は現在、利用されていません。羽田空港の敷地はすべて国有地ですが、これを東京都大田区などが再開発を進めています。

 大田区に、跡地の利用について聞きました。

――跡地はどれほどの規模で、何ができるのでしょうか?

 跡地の面積は約53ヘクタール(編注:おおよそ東京ドーム11個分)で、3つのゾーンに分かれています。最も内陸寄りの天空橋駅に近い第1ゾーンは大田区が開発するエリアで、新しい産業・文化の拠点となる交流施設を建設します。国際線ターミナルに近い第2ゾーンには、住友不動産グループが約1700室のホテルを建設する予定です。また、北側に位置する第3ゾーンについては、国際線ターミナルの拡張など、主に空港用地としての利用が予定されています。

「沖合展開」で滑走路移転 その跡地を活用

――もともとこの跡地には何があり、いつまで使われていたのでしょうか?

 さまざまな施設がそれぞれ段階的に役目を終えていったのですが、第1ゾーンについては、かつての「B滑走路」の先端部分にあたります。羽田空港では、騒音の問題などから沖合を埋め立てて拡張し、滑走路やターミナルなどを移転していく「沖合展開」が進められてきましたが、その過程で2000(平成12)年にB滑走路も400mほど海側に移転しました。

※ ※ ※

 大田区の資料によると、跡地につくられる「新産業創造・発信拠点」は、自動運転や医療、ロボットといった先端産業の企業を誘致するとともに、伝統文化、芸術、食といった文化産業が融合した施設になるといいます。想定総延床面積は約12万5400平方メートルで、天空橋駅付近には新たな交通の拠点も設けられるそうです。この再開発によるまちづくりは、2020年にその大部分が完成する予定です。なお大田区は、現在国有地であるこの土地についても、「国から払い下げを受け取得していくことを目指す」としています。

関連記事(外部サイト)