急行「80周年秘境駅号」、快速「80周年アルプス号」運転 飯田線全通80周年で

急行「80周年秘境駅号」、快速「80周年アルプス号」運転 飯田線全通80周年で

急行「飯田線80周年秘境駅号」ヘッドマークのイメージ(画像:JR東海)。

JR東海が2017年8月、飯田線全通80周年を記念し、急行「飯田線80周年秘境駅号」や快速「飯田線80周年アルプス号」を運行します。

2017年8月20日は飯田線全通80周年

 JR東海は2017年7月25日(火)、飯田線の全線開通80周年にあわせ、急行「飯田線80周年秘境駅号」や快速「飯田線80周年アルプス号」を運行すると発表しました。

 1937(昭和12)年8月20日に大嵐(おおぞれ)〜小和田間3.1kmが開業し、現在の飯田線が全通。今年の8月20日(日)に80周年を迎えます。

 記念列車は次のとおり運行される予定です。両列車ともJR東海の社員がデザインした専用のヘッドマークが掲出されます。

●急行「飯田線80周年秘境駅号」
・運転日:8月19日(土)、20日(日)
・運転区間:豊橋9時50分発→飯田15時30分着(下りのみ)
・使用車両:373系特急形電車3両編成
・料金:全車指定席のため、乗車には乗車券のほか急行券と指定席券が必要。
・特典、イベント:新城〜大嵐間で「乗車証明書」を進呈。このほか、沿線市町村によるパンレット配布や特産品販売、観光PRなども予定。

●快速「飯田線80周年アルプス号」
・運転日:8月19日(土)、20日(日)
・運転区間:伊那市13時26分発→飯田15時28分着(上りのみ)
・使用車両:313系近郊形電車3両編成
・料金:全車指定席のため、乗車には乗車券のほか指定席券が必要。
・特典、イベント:伊那市〜駒ケ根間で乗務員手作りの「乗車証明書」を進呈。このほか、ゆるキャラのお出迎え、楽器演奏、特産品販売なども予定。

 19日(土)には、それぞれの始発駅で出発式を開催。両列車の終着である飯田駅でも飯田市や飯田観光協会、JR東海の関係者らが出席し、横断幕の掲出や和太鼓演奏などによる出迎えが行われます。

 なおこのほか、飯田線全通80周年を記念し「秘境駅入場券」の発売や名古屋駅でのPRイベントの開催なども予定されています。

関連記事(外部サイト)