「認知症疑い」のドライバーは216万人? 1万人以上の認知機能検査で判明

「認知症疑い」のドライバーは216万人? 1万人以上の認知機能検査で判明

認知症疑いで運転 216万人か

「認知症疑い」のドライバーは216万人? 1万人以上の認知機能検査で判明

年代ごとの認知機能検査分類比率(画像:ベスプラ)。

ベスプラが1万2642人を対象に、運転免許証更新時の認知機能検査を忠実に再現したウェブテストを実施。結果の割合から、60歳以上のドライバー216万人が「認知症疑い」のまま運転している可能性があるといいます。

「認知症疑い」80代以上は18.5%に

 認知症予防アプリ「脳にいいアプリ」などを提供しているベスプラは2017年8月3日(木)、1万人以上を対象に行った認知機能検査の結果を発表しました。

 同社は、警視庁から公表されている75歳以上対象の運転免許証更新時の認知機能検査をウェブ上で忠実に再現。3月から7月にかけて、1万2642人(うち40代以上8459人)がこの検査を受けました。

 その結果を、警視庁が公表している仕様に基づき採点され「第1分類」から「第3分類」まで振り分けた結果、認知症が疑われる「第1分類」の割合が年代の上昇に応じて高くなる傾向に。40代は「第1分類」が2.5%ですが、80代以上は18.5%でした。

 ベスプラは、これらの検査結果を踏まえ計算すると、60歳以上の運転免許証保有者のうち「第1分類」(認知症疑い)のドライバーは、約216万人にのぼるとしています。

【表】年代・性別ごとの第1分類者数

関連記事(外部サイト)