オレンジ色の大阪環状線「103系電車」10月3日に引退 回り続けて48年(画像18枚)

オレンジ色の大阪環状線「103系電車」10月3日に引退 回り続けて48年(画像18枚)

大阪環状線を走るオレンジ色の103系電車(画像:JR西日本)。

JR大阪環状線を約48年間にわたり走り続けてきたオレンジ色の103系電車が、2017年10月3日に引退します。

前面展望映像で19駅を巡る動画を公開

 JR西日本は2017年9月5日(火)、大阪環状線を走るオレンジ色の103系電車が、10月3日(火)に営業運転を終えると発表しました。

 103系は国鉄時代の1963(昭和38)年に登場した通勤形電車です。1984(昭和59)年までに3400両以上が製造され、全国の通勤路線で広く使用されました。現在もJR西日本とJR九州の一部路線で使われています。

 大阪環状線には1969(昭和44)年12月10日に登場。以降、現在までおよそ48年間にわたり運行が続けられてきましたが、2016年12月にデビューした新型の323系電車に役目を譲る形で、今回、最後の1編成が営業運転を終了します。

 引退を約1か月後に控えた9月5日(火)には、JR西日本が5分半の動画「LOOP大阪環状線」を公開。103系の前面展望映像と歴史写真により、これまでの総走行日数「17,464日」を19駅の風景とともに振り返ります。

 なお、今回引退するのは大阪環状線を走るオレンジ色の103系です。JR西日本管内を走る青緑色、えんじ色、黄緑色、水色の103系は引き続き使用されます。

 また、2005(平成17)年以降、大阪環状線に投入された同じくオレンジ色の201系電車は、2018年度をめどに323系に置き換えられる予定です。

関連記事(外部サイト)