「回送」のバスに乗客が? 都内の駅前で見られる謎の光景とは

「回送」のバスに乗客が? 都内の駅前で見られる謎の光景とは

回送中の都営バス。写真はイメージ(2017年9月、中島洋平撮影)。

東京都内の駅前では、回送の表示を掲げた都営バスに、乗客と覚しき人が乗り込んでいくことがあります。なぜでしょうか。

早朝の駅前で見られるワケ

 回送のバスは基本的に乗客を乗せませんが、都内の駅前では、回送と表示した都営バスが到着し、待っていた乗客と覚しき人が乗り込み、走り去るという光景を見られことがあるそうです。

 何が起きているのでしょうか。東京都交通局に話を聞きました。

――回送のバスに客を乗せることがあるのでしょうか?

 それは職員を送迎するためのバスです。主に早朝のバス運行前に、営業所(車庫)と周辺の鉄道駅とのあいだで回送の表示をして運行しています。

――どのような職員が利用するのでしょうか?

 早朝のバスを担当するものの、出勤時間に間に合わない、または余裕がないという乗務員などを迎えに行きます。なお、送迎バスのルートは毎日同じではなく、その日の早朝勤務する職員の都合を考えて変えています。

始発前の送迎バス、誰が運転する?

――送迎バスを運転するのは、どのような方でしょうか?

 前日からの泊まり勤務の乗務員などが運転しています。送迎バスを営業所まで運転したあと、その乗務員は通常のバスに乗務しています。

――どの営業所でも運行されているのでしょうか?

 いえ、(全18営業所のうち)北(北区)、深川(江東区)、江東(墨田区)、江戸川(江戸川区)、早稲田(新宿区)の5営業所で実施しています。

※ ※ ※

 多くの営業所では、始発のバスは6時台から。そのような勤務でも自宅から通勤できるよう、送迎バスを運行しているそうです。

 ちなみに東京都交通局によると、早朝の送迎以外でも、「駅などで交替し乗務を終えた乗務員や、操車所(バスの折り返しや待機を行う施設)に常駐し最終運行を終えた職員が、回送バスに乗り営業所に戻るケースがある」そうです。

【地図】早朝の送迎バスを運行している都営バス5営業所

関連記事(外部サイト)