県道の日本最高地点とは 起終点からして絶対に「日本一」のはずが…複数存在?

県道の日本最高地点とは 起終点からして絶対に「日本一」のはずが…複数存在?

富士山頂に通じる登山道のうち、富士宮口登山道の頂上付近。この登山道が県道になっている(画像:photolibrary)。

国道の日本最高地点は標高2172mですが、県道ではどうでしょうか。日本一高い場所を起終点とする県道が複数存在するようです。どれが本当の「日本一」なのでしょうか。

日本一高い県道は4本ある?

 国道の日本最高地点は、標高2172m。群馬と長野にまたがる国道292号の渋峠にあり、その場所には「日本国道最高地点」を示す石碑も立っています。では、県道の最高地点はどこでしょうか。

 一般的なクルマが走れる車道としては、長野県道84号「乗鞍エコーライン」の標高2716m地点。ここには、路線バスを運行するアルピコ交通(長野県松本市)がその名も「標高2716m」というバス停を設けています。しかし、クルマが走れないところも含めると、もっと高い場所があるといいます。

 それはなんと「富士山頂」。しかも、ここを起終点とする県道は4本存在し、それぞれ静岡県道152号富士公園太郎坊線と山梨県道701号富士上吉田線の起点、静岡県道150号足柄停車場富士公園線と同180号富士宮富士公園線の終点とされています。このうち、静岡県道152号と180号を管理する静岡県富士土木事務所に話を聞きました。

――富士山頂付近はクルマが走れないと思いますが、県道なのでしょうか?

 はい。いずれの県道もふもとから途中まではクルマで乗り入れできますが、そこから先は徒歩でしか通行できない登山道です。富士山頂に通じる富士宮口、御殿場口、須走口、吉田口という4つの登山道それぞれが県道になっており、富士宮口登山道は静岡県道152号と180号の重複区間、御殿場口は静岡県道152号、須走口は静岡県道150号、吉田口は山梨県道701号です。なお、須走口と吉田口の登山道も頂上付近で合流し、静岡県道150号と山梨県道701号の重複区間になります。

――なぜ登山道が県道なのでしょうか?

 経緯はわかりません。少なくとも静岡県道152号と180号については1960(昭和35)年から起終点が富士山頂とされています。登山道に県道であることを示す標識などはありませんが、登山用のロープを引いたり、冬季閉鎖の看板を設置したりする維持管理作業は、県道の管理者であるわたしたちが行っています。

4つの県道、どれが「最も高い」?

――4路線とも標高3776m地点が起終点になっているのでしょうか?

 いえ、いずれも標高3776mの剣が峰(けんがみね)が起終点ではなく、それぞれの登山道を登りきった頂上が起終点です(編集部注:各登山道を登りきって到達する火口の外周全体が「山頂」〈通称「お鉢」〉とされている。剣が峰はそのなかで最も高い地点)。

――では、それぞれで起終点の標高は異なるのでしょうか?

 はい。静岡県道152号と180号の起終点がある富士宮口登山道の頂上は標高3712m、152号の御殿場口登山道の頂上は3705.9m、150号の終点である須走口・吉田口登山道の頂上は3706mです。ただしこれは静岡県の見解です。富士山頂付近は静岡、山梨どちらの帰属かが定まっていないことろもあり、山梨県では異なるかもしれません。

※ ※ ※

 静岡県によると、静岡県道152号と180号の起終点である富士宮口登山道の標高3712m地点が県道の最高地点ということになりますが、前出のとおり須走口・吉田口山頂は静岡県道150号の終点であり、山梨県道701号の起点でもあります。山梨県の見解はどうでしょうか。

 山梨県富士・東部建設事務所吉田支所によると、「県道701号起点の標高は3715m」といい、その位置は「『富士山頂上浅間大社奥宮』の標柱が立つところ」だと話します(「浅」の字は、正しくは旧字体)。静岡県道150号を管理する沼津土木事務所はその終点(=山梨県道701号の起点)を「登山道頂上の鳥居付近」としており、実際、この鳥居から上述の標柱までは上りの急な石段が続いています。静岡県がまとめた資料による3706mと、山梨県がいう3715mはわずか9mの差ですが、これにより「県道の日本最高地点」が断定できない状況です。

 ちなみに、4つの登山道のうち一般的な乗用車で到達できる最も高い場所は、静岡県道152号・180号である富士宮口登山道の五合目で、その標高は2380m。冒頭の長野県道84号「乗鞍エコーライン」は自家用車の乗り入れが規制されているので、自家用車で到達できる最高地点は、この標高2380m地点ということになります。

【地図】富士山頂に通じる4つの登山道は、いずれも県道

関連記事(外部サイト)