京急初の「一般向け貸切プラン」誕生のワケ 選べるルート、一般車両を「非日常空間」に

京急初の「一般向け貸切プラン」誕生のワケ 選べるルート、一般車両を「非日常空間」に

2016年10月に運行された「京急×キリンビール横浜工場 90周年記念ビール電車」。京急はこれまでも、一般車両を活用したイベント列車を運行してきた(2016年10月、中島洋平撮影)。

京急電鉄が「貸切イベント列車」の販売を開始しました。一般の車両を空間として自由に利用できるといい、大手私鉄では珍しい取り組みだそうです。どのような活用方法があるのでしょうか。

品川発三浦海岸行きをはじめ3ルート設定

 京急電鉄が2017年10月2日(月)から、自社の一般車両を使った「貸切イベント列車」の販売を開始しました。

 運行は土日のみで、年間を通じて利用が可能。ルートは以下の3パターンから選べます。

・パターンA:品川9時ころ発、三浦海岸10時ころ着(往路のみ)
・パターンB:品川9時ころ発、浦賀10時ころ着(往路のみ)
・パターンC:京急川崎18時ころ発、同駅20時ころ着(京急川崎〜小島新田間の大師線を2往復)

 編成両数も参加人数に応じて選べ、乗車人員120人以下ならば4両、120人以上180人未満ならば6両、180人以上ならば8両で運行されます(運行条件により編成両数が指定される場合がある)。さらに、希望に応じて「車内の装飾やイベント演出なども、京急グループで一括対応できます」(京急電鉄)とのことです。

 たとえばJRでは修学旅行の貸切列車などが走りますが、「大手私鉄においては、自由な用途でこれほどオープンにした貸切プランを設けるのは珍しい」(京急電鉄)といいます。京急電鉄に企画の意図を聞きました。

――なぜ貸切プランを設けるのでしょうか?

 沿線の活性化を目的に、創立120周年事業の一貫として実施します。当社ではこれまで、車内でビールを楽しむ「ビール電車」や、自転車を持ち込める「サイクルトレイン」といったイベント列車を運行してきましたが、これらは当社主催で各企業と協力して行うものであり、イベントの数を増やすことがなかなかできませんでした。一般の皆さまに広く列車をスペースとして貸し出すプランを設定することで、そうしたイベントをもっと増やしたいという意図があります。また、社内では出てこないようなアイデアにも期待しています。

個人の貸切運行が沿線の活性化に?

――個人の貸切運行が、どのように沿線の活性化へつながるのでしょうか?

 貸切列車は三浦半島方面への往路と、大師線の往復ルートに限定し、ダイヤも決まっています。列車イベントを通じて当社沿線エリアにお客様をお運びし、その魅力を知っていただくことにつながると考えています。

――これまで御社主催のイベント以外で、列車の貸切は行っていたのでしょうか?

 たとえば、回送列車を利用してテレビや映画のロケなどを行うようなことはありますが、一般の方に向け専用列車とダイヤを設けての貸切運行は行っていませんでした。なお、列車の貸切そのものはJRさんなどでも応じているほか、地方の鉄道ではそれを積極的にPRしているところもあります。

※ ※ ※

「貸切イベント列車」の料金は、大師線を2往復するパターンCの4両編成が最も安く、47万円(税別。以下同)から。なおパターンCは4両編成のみ、パターンBは4両編成または6両編成のみの設定です。申し込みは京急アドエンタープライズが電話で受け付けており、イベント実施予定日の4か月前から先着順で、3か月前までには申し込んでほしいそうです。京急電鉄によると、10月から申し込みを受け付けるので、「最初のイベントは2018年2月くらいになるのでは」といいます。

それを電車でやる!?

 京急電鉄は貸切プランの利用目的について、「ふだん通勤や通学などでご利用いただいている電車内で、同窓会や結婚式など非日常なイベントをお楽しみいただける」と話しますが、実際にはどのような事例があるのでしょうか。

 関東の第三セクターで一般向けの貸切プランを実施しているいすみ鉄道(千葉県大多喜町)によると、「グループでの観光のほか、同窓会や結婚式に用いられることもあります。特に春や秋のシーズンには、貸し切り列車が毎週のように走っています」といいます。同社のプランは、通常の営業列車に貸切車両を1両連結するものと、専用の列車を専用のダイヤで運転するものとがあり、価格は5万〜15万円ほどです。

 銚子電鉄(千葉県銚子市)の貸切プランは、2両編成を専用ダイヤで運転するもので、基本料金5万4400円(税込)から。同社は「印象に残っているものといえば、プロレス団体の貸切列車として走行中の電車で行ったプロレスイベントですね。当初はリングを車内に設けるかという話も出ましたが、さすがにちょっと難しいということになり、観客が見守るなか電車の通路で競技しました」と話します。「列車の運行に支障のない範囲でという制約はあるものの、可能な限りアイデアを受け入れ、他社がやらないようなイベント列車を実現させていきたい」と意気込みます。

 ただし銚子電鉄では現在、車両検査のため貸切運行に使う車両の確保が難しいことから、貸切予約の受付を中止しています。再開は2018年3月下旬以降を予定しているそうです。

【表】京急「貸切イベント列車」料金表

関連記事(外部サイト)