きょう引退 大阪環状線最後の103系、京都鉄道博物館で期間限定展示へ

きょう引退 大阪環状線最後の103系、京都鉄道博物館で期間限定展示へ

103系引退 期間限定展示へ

きょう引退 大阪環状線最後の103系、京都鉄道博物館で期間限定展示へ

大阪環状線で最後まで運用された103系電車の一部が京都鉄道博物館で展示される。写真はイメージ(画像:JR西日本)。

2017年10月3日にJR大阪環状線から引退する103系電車の一部車両が、同年11月に京都鉄道博物館で特別に展示されます。

オレンジ色の103系、10月3日に大阪環状線から引退

 京都鉄道博物館(京都市下京区)は2017年10月2日(月)、JR大阪環状線から引退する103系電車を、期間を限定し特別に展示すると発表しました。

 大阪環状線を走るオレンジ色の103系は、10月3日(火)をもって引退します。今回展示されるのは、この最後まで運行された編成の一部車両です。

 展示は11月3日(金・祝)から6日(月)までの4日間。車内公開は各日午前10時から15時までです。車両は、大阪環状線で最後まで使われたオレンジ色のクハ103形843号車と、大和路線(関西本線)・おおさか東線などで運用された黄緑色の先頭車が、本館1階の「車両のしくみ/車両工場」で展示されます。

 京都鉄道博物館は「この編成をご覧いただけるのは、最後の機会となります。ぜひご覧くださいませ」としています。

 なお同館では、103系のトップナンバーであるクハ103形1号車が本館プロムナードで常設展示されています。この車両はこれまでどおり見学できます。

関連記事(外部サイト)