特製ハヤシライスから唐揚げ定食まで 3日間限定、東京駅の社員食堂が一般開放

東京駅の社員食堂を一般開放へ 特製ハヤシライスやオムライス、唐揚げ定食など

記事まとめ

  • 日本レストランエンタプライズ(NRE)は東京駅の社員食堂を一般開放すると発表した
  • 期間は10月7日(土)から9日(月・祝)までの、各日午前11時から15時まで
  • 日本食堂謹製 NRE特製ハヤシライス、親子オムライス、唐揚げ定食などが楽しめる

特製ハヤシライスから唐揚げ定食まで 3日間限定、東京駅の社員食堂が一般開放

特製ハヤシライスから唐揚げ定食まで 3日間限定、東京駅の社員食堂が一般開放

「日本食堂謹製 NRE特製ハヤシライス」。デザートに「東京駅赤レンガ パウンドケーキ」が付いてくる(画像:NRE)。

東京駅社員食堂が一般開放。特製ハヤシライスや唐揚げ定食などが楽しめます。

メニューを注文すると、北斗星ピンバッジ進呈

 日本レストランエンタプライズ(NRE)は2017年9月29日(金)、東京駅の社員食堂を一般開放すると発表しました。

 毎年10月14日の「鉄道の日」を記念して行われる「東京鉄道祭」開催にあわせたイベント。オープンは10月7日(土)から9日(月・祝)までの、各日午前11時から15時までです。

 イベント限定メニューとして、「日本食堂謹製 NRE特製ハヤシライス」(デザート付き、950円)と「親子オムライス」(750円)を用意。東京駅で営業していた「日本食堂 グランスタダイニング」などで受け継がれるデミグラスソースを味わえます。そのほかに、「唐揚げ定食」(750円)や「とんかつ定食」(750円)なども楽しめます。

 また、食堂のメニューを注文した人には、北斗星ピンバッジが進呈されます。NREは「普段は入ることのできない社員食堂の味をお楽しみください」としています。

関連記事(外部サイト)