トヨタ「カローラ レビン」(AE86・第5世代) ユーザーが育てた「ハチロク」とは?

トヨタ「カローラ レビン」(AE86・第5世代) ユーザーが育てた「ハチロク」とは?

「ハチロクレビン」ことAE86型「カローラ レビン GT-APEX」。「スプリンター トレノ」は共通シャーシの姉妹車(画像:トヨタ)。

車名よりも型式名のほうが広く知られるクルマというのはそうありませんが、こと「レビン/トレノ」の「ハチロク」は別格でしょう。「ハチロクレビン」こと第5世代「カローラ・レビン」はいかにして、いまの地位を築いたのでしょうか。

「86」と「ハチロク」

 現在、トヨタを代表するスポーツカーといえば「86」。そのルーツとなったのが、1983(昭和58)年から1987(昭和62)年に発売されていた第5世代の「カローラ レビン」と「スプリンター トレノ」でした(編集部注:世代の数え方はトヨタ公式「車両系統図」にならったものです)。「ハチロク」とは、それらの共通型式名である「AE86」からきています。これまでのトヨタのスポーツカーを考えるといくつかの名車が思い浮かびますが、このAE86もそうしたレジェンド級の名車のひとつです。

 ところが、現役モデルとして発売されていたころの「レビン/トレノ(AE86)」の存在感は、現在ほど大きいものではありませんでした。

 もちろん、手ごろな価格のスポーツカーとして人気はありました。第5世代の「カローラ」は、時流に乗ってセダン系はFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)へと変化しています。ところが、スポーティな走りをうたう「レビン/トレノ」だけは、わざわざFR(後輪駆動)のままという変則的なモデル編成となっていたのです。これが走りを楽しむスポーツカー好きに大歓迎されました。

 ところが、一歩下がって市場全体を見渡すと、「レビン/トレノ(AE86)」の人気は限定的なものに見えてしまいます。なんといっても、当時はスポーティなクルマが大人気。ライバルも数多くいましたし、トヨタの中にも魅力的なスポーツカーがありました。

クルマ好きのあいだの「あのころのクルマ」

 たとえば、ラリーで大活躍する「セリカ」。後の「スープラ」に発展する「セリカXX」は本格的なスポーツカー。スーパーカーと同じミドシップ方式を採用した「MR2」も1984(昭和59)年にデビューしています。ライバルとしてホンダには「CR-X」があります。また、「シビック」に「タイプR」は生まれていませんでしたが、強力なエンジンを搭載するグレードが用意されており、そのころから「シビック=速いクルマ」というイメージがありました。

 また、当時は80年代後半のバブルに向かって、ゴージャスでパワフルなものが好まれた時代です。デートにはクルマが必須。そのためのデートカーが大いにもてはやされていたのです。

 その筆頭が、1982(昭和57)年に登場した2代目「プレリュード」。筆者(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト)は1987年に成人式を迎えたのですが、高校生から大学生になったばかりの僕らの仲間は、みんな「プレリュード」に憧れます。そのライバルとして日産が用意したのがS13型「シルビア」でした(最初はデートカーだったのです)。またクルマ好きの男子は、「鉄仮面」と呼ばれた「スカイライン」を中古で手に入れていました。少し上の先輩は、ツインターボを搭載した「チェイサー」を購入。できたばかりの常磐高速道を走る「チェイサー」の後ろに乗せてもらった思い出があります。また、別の女性の先輩は、おしゃれなクルマとして初代「インテグラ」を購入。AE86の前の世代の「カローラ・クーペ」を愛車にする女性も筆者の知り合いにいました。当時は、女性がクーペを乗り回すのは、ごく当たり前のこと。速い遅いというよりも格好良さで選んでいたようです。

 いまと違って、クルマ好きな人がたくさんいた時代です。そして、それに応えるクルマもたくさんありました。そのため「レビン/トレノ(AE86)」は人気があったとしても、限定的なもの。実は、筆者が20歳のときに友人が、「レビン(AE86)」を購入しましたが、「ふ〜ん」という非常にテンションの低い失礼な態度をとってしまいました。

販売終了後、人気爆発! そして伝説へ

 ところが、「レビン/トレノ(AE86)」の人気は、現役が終わった後も衰えません。中古車として手に入りやすくなったと、若い世代にも身近に。チューニングも盛んに行われました。そのうちに「ドリフト」という、後輪を滑らせる走らせ方が人気を集めます。そのブームの中心にいたのが、軽くて小さいFR(後輪駆動)の「レビン/トレノ(AE86)」でした。

 その後、1995(平成7)年に漫画『イニシャルD』がスタートします。「トレノ(AE86)」を愛車にする主人公がドリフトを武器に、ストリートで速さを競うという内容です。漫画だけでなくアニメ化もされ、日本だけでなく広く世界で大ヒット。その結果、「レビン/トレノ(AE86)」は、今のレジェンド級の存在に成長したのです。

 つまり、AE86のレジェンド級の人気は、現役時代ではなく、その後に形成されたものでした。いってみればトヨタではなく、ユーザーが作り上げたもの。そこが「レビン/トレノ(AE86)」の特別なところであり、大きな魅力なのではないでしょうか。

【写真】あの豆腐屋さんも愛用、「ハチロクトレノ」

関連記事(外部サイト)