和歌山線「ICOCA」利用エリア拡大 奈良県内7駅に2018年春導入 JR西日本

和歌山線「ICOCA」利用エリア拡大 奈良県内7駅に2018年春導入 JR西日本

和歌山線の高田〜五条間とともに、草津線の貴生川〜柘植間も2018年春から「ICOCA」サービスが導入される予定(画像:JR西日本)。

JR西日本が2018年春、和歌山線の高田〜五条間に、ICカード「ICOCA」サービスを導入します。

新たに7駅で利用可能に

 JR西日本は2017年10月6日(金)、ICカード「ICOCA」サービスを和歌山線の高田〜五条間に導入すると発表しました。

 今回利用エリアが拡大するのは、奈良県内の大和新庄、御所、玉手、掖上、吉野口、北宇智、五条の各駅です。「ICOCA」をはじめとした交通系ICカードが使えるようになります。

 利用開始は2018年春の予定。これにあわせ、和歌山駅の7・8番のりば(和歌山市駅方面ホーム)に阪和線、きのくに線との「のりかえ改札機」も設置されます。

関連記事(外部サイト)