燃料電池バスのコンセプトモデル「SORA」発表 市販型は2018年発売予定 トヨタ

燃料電池バスのコンセプトモデル「SORA」発表 市販型は2018年発売予定 トヨタ

コンセプトモデル「SORA」の車体イメージ(画像:トヨタ)。

トヨタが、燃料電池バスのコンセプトモデル「SORA」を発表しました。2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、東京都を中心に100台以上が導入される予定です。

「社会に貢献できるバス」目指す

 トヨタは2017年10月18日(水)、燃料電池バス(FCバス)のコンセプトモデル「SORA」を発表しました。

 開発コンセプトは「受け継がれていく街のアイコン」。名称の「SORA」はSky、Ocean、River、Airの頭文字をつなげたもので、地球の水の循環を表しているといいます。

「社会に貢献できるバス」を目指したという同車は、燃料電池自動車「MIRAI」向けに開発された「トヨタフューエルセルシステム」を採用し、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない環境性能を実現。大容量外部給電システムの搭載により、高出力大容量の電源供給能力を備え、災害時に電源としての利用も可能です。

 車内のベビーカーや車いすのスペースには「自動格納機構付き横向きシート」を新設。利用者がいない場合は一般の乗客が座ることができ、居住性を向上させています。車内外に配置される8個の高精細カメラによって、バス周囲の歩行者や自転車などの動体を検知し、運転手に音と画像で知らせる周辺監視機能が搭載されます。

 また、モーター走行による変速ショックをなくし、急加速を抑制して緩やかな発進を可能とする加速制御機能を採用。車内で立っている乗客の安全性に配慮したといいます。さらに、路面の誘導線をカメラが検知して自動操舵と自動減速を行うことで、バス停とバスのすき間を約3cm〜6cm、バス停車位置から前後約10cmの精度で停車させる自動正着制御を搭載。車いすやベビーカーの乗降性向上が図られます。

 車体デザインは、従来の路線バスに見られる六面体(箱形)から大きく異なる、立体的な造形を追求。前後ランプにはLEDが採用されます。

「SORA」は10月25日(水)から11月5日(日)まで開催される「東京モーターショー2017」に出展予定です。なお、このコンセプトモデルをベースにした市販型は2018年から発売が予定されており、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、東京都を中心に100台以上が導入される見込みです。

関連記事(外部サイト)