「里帰り」の丸ノ内線車両を初公開 中野車両基地見学ツアー、12月開催 東京メトロ

「里帰り」の丸ノ内線車両を初公開 中野車両基地見学ツアー、12月開催 東京メトロ

アルゼンチンで使用されていた丸ノ内線旧500形電車のイメージ(画像:東京メトロ)。

東京メトロが、2017年12月10日に中野車両基地見学ツアーを開催。銀座線、丸ノ内線の新旧車両がそろいます。

銀座線、丸ノ内線の新旧車両が勢ぞろい

 東京メトロは2017年10月25日(水)、地下鉄開通90周年記念イベント「TOKYO METRO 90 Days FES!」の特別企画として、12月10日(日)に中野車両基地見学ツアーを開催すると発表しました。

 当日は、現在使用されている銀座線の1000系電車(特別仕様車)と丸ノ内線の02系電車に加え、2017年3月に引退した銀座線の旧01系電車と、2016年7月にアルゼンチンから“里帰り”した丸ノ内線の旧500形電車が公開されます。

 銀座線1000系電車(特別仕様車)の車内では、地下鉄開通時から現在、未来をテーマにしたポスター展を開催。さらに、中野車両基地の工場見学も行われる予定です。

 参加には事前にはがきでの申し込みが必要。対象は15歳以上で、募集人数は午前コース(8時30分〜)、午後コース(13時〜)とも各90人です。なお両コースは開始時刻が違うだけで内容は同じです。応募締切は11月20日(月)で当日必着。応募者多数の場合は抽選が行われます。

関連記事(外部サイト)