圏央道延伸に向け新湘南バイパスで対面通行規制 2年程度継続

圏央道延伸に向け新湘南バイパスで対面通行規制 2年程度継続

藤沢インター交差点付近の完成イメージ(画像:国土交通省関東地方整備局)。

圏央道(横浜湘南道路)の延伸に向け、新湘南バイパスの藤沢インター交差点〜茅ヶ崎料金所間で1車線対面通行規制が始まりました。

横浜湘南道路を建設

 NEXCO中日本と国土交通省関東地方整備局は2017年10月25日(水)から、新湘南バイパスの藤沢インター交差点〜茅ヶ崎料金所間で1車線対面通行規制を開始しました。

 期間は概ね2年程度です。NEXCO中日本と国土交通省関東地方整備局は、新湘南バイパスを東に伸ばす形で横浜湘南道路の建設を進めています。この道路は高速横浜環状南線(建設中)と栄IC/JCTで接続し、圏央道の一部を形成する計画です。

 NEXCO中日本と国土交通省関東地方整備局は「交通渋滞が予想されますので、早めの出発、迂回をお願いします」としています。

関連記事(外部サイト)