三菱自、電動クロスオーバーSUV「e-EVOLUTION CONCEPT」世界初披露

三菱自、電動クロスオーバーSUV「e-EVOLUTION CONCEPT」世界初披露

「東京モーターショー2017」で世界初披露、「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

三菱自動車は「東京モーターショー2017」において、EVコンセプト「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露。これからの三菱自動車のクルマづくりの方向性を提示するといいます。

三菱自の新しいブランド・メッセージを体現

 三菱自動車は2014年10月25日(水)、「東京モーターショー2017」にて、AI(人工知能)を搭載する電動クロスオーバーSUV「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露しました。

●「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」のおもなポイント
<コンセプト>
・三菱自の強みであるSUV、EV、そしてシステムの融合による新たな運転体験という3つの価値を訴求する、技術的なプロトタイプとしての提案。EVとの融合によるSUVのブレークスルー、システムが生み出すクルマの新しい魅力、三菱自動車のDNAである走りのパフォーマンスを具現化し、新しいブランド・メッセージ「Drive your Ambition」に込めた想い、これからの三菱自動車のクルマづくりの方向性を提示する。

<デザイン>
・三菱自動車のふたつのヘリテージ(継承してきたもの)、オフロード性能と優れた四輪制御によるハイパフォーマンス性能のうち、後者に対する挑戦を示したモデル。そのデザインは、三菱自動車が培ってきた四輪で大地をグリップする力強さ、高速で大地を駆け抜けていく軽快感を表現することを目指した。
・リヤの大きな六角形はSUVとしてのシンボルだった「パジェロ」のスペアタイヤをイメージしており、オフロードでの走りと三菱自動車のSUVヘリテージを表現したアイコン。
・特徴的なCピラーは、飛行機の垂直尾翼をイメージ。
・インパネまわりは「ホリゾンタルアクシス」と名付けた水平基調のデザインを採用。
・前面大型ディスプレイには、車外状況、バックモニター、ナビゲーション、コーチングのみならず、普段はボンネットに隠れて見えない地面や前輪の動きまで全てを映し出し、さまざまな情報を瞬時に得ることができる。また、フロントからリヤまで全面ガラスとしているため、全周囲の視界の良さは安全性にも寄与し、飛行機のコックピットのような滑走感も味わうことができる。

「e-EVOLUTION CONCEPT」のテクノロジーは…?

<テクノロジー>
・フロントに1機のモーターと、リヤに新開発の「デュアルモーターAYC(Active Yaw Control)」で構成するトリプルモーター方式の4WDシステムに、三菱自動車の車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を適用。
・車載AIがドライバーの運転をアシスト。多くのセンサーで、刻々と変化する道路環境や交通状況を認知し、さらにその瞬間のドライバーの操作からドライバーの意思を的確に読み取ることで、ドライバーの運転技量に関わらず、安全で快適なドライビングを提供する。
・車載AIは独自のコーチング機能も持つ。自動運転機能から導き出された基準となる運転操作と、ドライバーの実際の運転操作を比較することで、ドライバーの運転技量を把握し、運転技量を向上させるメニューを考え、音声対話や前面大型ディスプレイ表示を使ってアドバイスする。

※ ※ ※

 三菱自は「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」について、同社の新しいブランド・メッセージ「Drive your Ambition」を体現するコンセプトカーといいます。「Drive your Ambition」には、「大きな志を持つことで生まれる独創的で存在感のある商品・サービスを通じて、世界中のお客様とともに成長していきたいという、三菱自動車の決意を込めています」としています。

関連記事(外部サイト)