スバル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」世界初公開 水平対向エンジン+AWD+アイサイト

スバル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」世界初公開 水平対向エンジン+AWD+アイサイト

スバルの新型スポーティセダン「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

スバルは「東京モーターショー2017」において、新型スポーツセダン「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を世界初公開しました。

水平対向エンジン+AWD+アイサイトの新スポーティセダン

 スバルは2017年10月25日(水)、東京ビッグサイトにて開催中の「東京モーターショー2017」において、新型スポーツセダン「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を世界初公開しました。VIZIVシリーズ初のセダンボディを採用しています。

●「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」のポイント
・スバルの優れた走行性能を象徴する歴代車種や、50年以上に渡り進化を追求してきた水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDをイメージソースとし、将来に渡って引き続きスバルが追求していく「走る愉しさ」をスポーツセダンとして表現。
・今後の自動運転技術普及期を見据え、進化型「アイサイト」と各種デバイスを組み合わせた高度運転支援技術を、運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンに搭載することで、スバルらしい安心で愉しいドライビングの世界観を提示。

<デザイン>
・「レガシィ」「インプレッサ」「WRX」といった、これまでのスバルの走りを象徴するモデルを意識しつつ、現在のスバルに共通するデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」に基づき、走りの愉しい次世代スポーツセダンとして表現。
・低重心で前進感のある硬質なボディと躍動感をもって張り出すフェンダーの造形、バンパー・フェンダー・ルーフなどのボディ各所に採用したカーボンパーツ、リヤバンパーから大胆に覗くエキゾーストパイプなどにより、走りのパフォーマンスを強調。
・一体感を持って立体的に構築したフロントグリルとホークアイヘッドランプにより「水平対向エンジン」を表現するとともに、ボディの四隅に配した力強いフェンダーは「シンメトリカルAWD」の信頼感を訴求。スバルアイデンティティーの一部であるパワートレーンを、従来のスバルコンセプトカー・量産車と一貫性をもったデザインとして具現化。

「アイサイト」も次世代へ

<高度運転支援技術>
・スバルが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDがもたらすハイパフォーマンスと融合し、スバルならではの安心で愉しいスポーツセダン像を表現。
・性能を一層向上させた次世代「アイサイト」、レーダー、高精度GPS・地図などの採用により、究極の安全として「自動車事故ゼロ」の実現を追求する。
<主な仕様>
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):4630mm×1950mm×1430mm
・ホイールベース:2730mm
・タイヤサイズ:245/40 R20
・乗車定員:5名

※ ※ ※

 なお「VIZIV(ヴィジヴ)」とは、「Vision for Innovation(革新のための未来像)」を語源とする造語で、「SUBARU VIZIV」シリーズは、「スバルがお客様にお届けする安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したコンセプトシリーズ」(スバル)とのことです。

関連記事(外部サイト)