東京モーターショー レクサスブース 注目のコンセプトカーほか発売直後の新型車も

東京モーターショー レクサスブース 注目のコンセプトカーほか発売直後の新型車も

世界が注目したコンセプトカー「LS+ Concept」(2017年10月25日、加藤博人撮影)。

「東京モーターショー2017」プレスデーとなる10月25日、レクサスブースで開かれたプレスカンファレンスには、世界中のメディアが押し寄せ大盛況でした。新型コンセプトカーはじめ、出展車両の様子はどのようなものだったのでしょうか。

初公開のコンセプトカーほか、ブースの様子は…?

 1989(平成元)年に米国で、2005(平成17)年から日本での販売が始まったレクサスは、登場からわずか十数年で世界に誇れる高級車として絶対的な地位を築き上げました。「東京モーターショー2017」では、東4ホールにブースを構え、10月19日(木)に発売されたばかりの新型「LS」や、2017年3月に初登場した「LC500」とその特別仕様車などを出品し、そして、世界の話題をさらったコンセプトカー「LS+ Concept」が世界初公開されました。

世界のメディアが押し寄せた! レクサスブース大盛況

 つい数日前に5代目となる新型「LS」セダンが発表されたばかりですが、「東京モーターショー2017」のレクサスブースでは早くも次期「LS」のコンセプトモデルとなる「LS+ Concept」がワールドプレミアとしてお披露目されました。日本が世界に誇る高級車ブランド、レクサスのプレゼンテーションとあって、ブースは数百名のメディアで大混雑。ざっと見たところ3割強が海外メディアの人たちでした。そして、熱気がスゴイ! プレゼン前には、レクサスブランドのボトルウォーター(熊本産)も配られましたがアッという間になくなってしまいました。

 プレゼンが始まってすぐに登場したのはレクサス International President 澤 良宏氏です。世界中のメディアに向けて澤氏は以下のようにスピーチを行いました。

「1989年にそれまでの高級車の概念を覆すエポックメイキングなモデルとして、初代『LS』を(米国で)発売し、常にお客様の期待を超えることを目指してきました。レクサスはブランドが生み出す時間や空間が唯一無二の体験となるようなライフスタイルの提供を目指しており、そのために時代を先取りし、新たな驚きと感動を提供することを信念としてレクサスは常にチャレンジを続けていきます」

 レクサスは今年の年初に新しいタグラインとして「EXPERIENCE AMAZING」を発表しましたが、理屈抜きにカッコいい「デザイン」と気持ちのいい「走り」にこだわり、「途絶えることのないチャレンジを表現したコンセプトカー」として発表されたのが、こちらの「LS+ Concept」です。

コンセプトを名乗るも実用化は間近 「LS+ Concept」とはどんな車?

「LS+ Concept」のデザインはレクサス独自のデザインフィロソフィーである「L-finesse」に基づいた次世代のスタディとして、先進的かつ威厳のある造形を実現し、大胆さと緻密さの、相反する要素を調和させる二律双生のデザインへと昇華させています。とくに、大型グリルシャッターにより冷却性能と空力性能を両立させ、より大胆に進化したスピンドルグリルのほか、一部の光源にレーザーを用いた灯火類や電子アウターミラーなどはレクサスならではの先見性も表現しています。空力性能、冷却性能、ランプなどの創造的な先進技術と意匠を高次元で融合し、新しいデザインランゲージを表現しています。

 何よりも注目したいのは、「LS+ Concept」の先進技術です。とくに注目すべきは2020年に自動車専用道路での自動運転を実現する「Highway Teammate」というシステムです。これは、高速道路入口のランプを通過し、目的地のランプを降りるまでの区間を自動運転により移動できるよう、合流や分岐、前方車両の追い越し、レーンチェンジをクルマ側から提案し、ドライバーが承認することで、安全・快適に目的地まで移動することが可能となります。

 さらに、クルマとデータセンターを通信でつなげ、クルマのソフトウェアをアップデートする方式を採用しているので、通信によって新しい機能の追加や向上を図り、より良いサービスへの拡充も可能としています。道路や周辺データなどのビッグデータを用いて学習した人工知能(AI)は、クルマの認知・判断性能を格段に向上させて高性能な自動運転を可能としています。

新型「LS」ほか、出展車両にも熱い視線が

 前述のように、発売されたばかりの5代目「LS」をはじめ、レクサスブースには注目を集める車両が並びました。

5代目「LS」

 1989(平成元)年に初代が米国で発売された「LS」(日本販売名:トヨタ「セルシオ」)は、2006(平成18)年に発表された3代目から「LS460」として正式に日本での発売が開始されました。10月19日に発売された新型「LS」で日米通算5代目となります。レクサスは新型「LS」を「セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリングやエモーショナルな走りに加え、数々の先進技術を装備し、レクサスの象徴として大きな変革を果たした」クルマであると位置づけています。

「LC500」

「LC」は2012年の「デトロイトショー」で発表されたコンセプトカー「LF-LC」の市販モデルとなる、超高級クーペです。新開発GA-Lプラットフォームの採用による「より鋭く、より優雅」な走りの実現や、世界初マルチステージハイブリッドシステムをはじめとする先進技術を採用したモデルで、日本では2017年3月から発売が開始されています。1300万円からという高価格にもかかわらず、納車まで4か月近く待つ人気モデルになっています。

「RC-F 10周年記念特別仕様車」

 レクサスのスポーツモデル“F”シリーズは2007(平成19)年に「IS F」を発表したのが始まりです。今年で10周年を迎えることを記念して発売された特別仕様車がこちらのモデルです。

 今回発表の特別仕様車は、操縦安定性を向上するパフォーマンスダンパーや、軽量チタンマフラーを特別装備し、“F”の持ち味である走行性能を一層高めているほか、外装部品にCFRPを採用することで、スポーティなイメージを強調しています。また、ボディカラーは特別色でマットグレーの外板色、“F”のシンボルカラーであるヒートブルーをアクセントとした内装色に採用するなど、特別仕様車としての個性を際立たせています。RCF、GSFの2モデルは2018年春頃に全国のレクサス販売店を通じて台数限定で発売する予定です。

※ ※ ※

「東京モーターショー2017」一般公開日は10月28日(土)より、会期は11月5日(日)までとなっています。

関連記事(外部サイト)