東京モーターショー スズキブース 海外メディアが熱視線、スズキの「ワクワク」とは

東京モーターショー スズキブース 海外メディアが熱視線、スズキの「ワクワク」とは

プレスカンファレンスに登壇した鈴木俊宏社長と、コンセプトカー「e-SURVIVOR」(2017年10月25日、下高井戸ユキ提供)。

「東京モーターショー2017」のスズキブースは、ワールドプレミア含む実に多数の4輪・2輪展示車が揃いました。国内はもちろん、インドはじめアジア各国のメディアが多数詰めかけていたのも印象的です。

ワールドプレミア多数! 世界のメディアも大注目

 2017年10月25日(水)より開幕した「東京モーターショー2017」において、スズキは、「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」を出展テーマに、4輪車20台、2輪車9台を展示しました。

 壇上に並んだのは、「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」、「SPACIA CONCEPT(スペーシア・コンセプト)」、「XBEE(クロスビー)」という、アクティブでユニークな3台のコンパクトモデル。ちなみに、「SPACIA」と「XBEE」は、近々市販予定とのこと。この、「東京モーターショーで予告をして、即市販化」というのは、最近のスズキの恒例です。

 2020年に創立100周年を迎えるスズキ。プレスカンファレンスで鈴木俊宏社長は、「今回の『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』というテーマを選ぶにあたって、改めてクルマとはなにかを考えた。移動のため、仕事のため、遊び道具など、それぞれ役割は違っても、乗り物は常に人をワクワクさせるものでなければならない。次の100年に向け、さらに安全で、乗る人すべてをワクワクさせたいという思いを提案したい」と話しました。

ワールドプレミアのコンセプトカーに見る「ワクワク」のキーワード

 見た目からもう“ワクワク”な「e-SURVIVOR」は、EVのコンパクトSUV。現行「ジムニー」や「エスクード」の先にあるモデルという位置づけでしょう。ラダーフレームと軽量コンパクトボディを組み合わせ、前後4つのモーターで駆動する、走破性も重視した新タイプの4WDです。

 軽ハイトワゴンの「SPACIA CONCEPT」は、スーツケースをモチーフにしたというボディデザインと、車体色とコーディネートしたカラーパネルのインテリアが“ワクワク”な一台。低床で広い室内空間、後席両側スライドドアを備えた、使い勝手のいいモデルです。バックする時に後方障害物を検知する「後退時ブレーキサポート」を採用し、デュアルセンサーブレーキサポートと組み合わせて、クルマの前後の安全を確保。さらに、フロントドア投影式ヘッドアップディスプレイ、標識認識機能といった安心・安全機能を追加しています。

 ステージ横には、大型フロントメッキグリルを備えた「SPACIA CUSTOM CONCEPT」も展示されました。

「XBEE(クロスビー)」は、パワフルな外観が“ワクワク”する、趣味性の高い小型クロスオーバーワゴン。細い道でもガンガン行けるコンパクトボディに、たっぷり荷物を詰め込めるワゴンパッケージ、ラフロードもものともしないSUVの走破性を凝縮しています。パワートレインは、996cc直列3気筒インタークーラーターボマイルドハイブリッドを搭載。ステージ上にあった「XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー・アウトドア・アドベンチャー)」のほかに、ノーマルの「XBEE」、ストリートモデルの「XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー・ストリート・アドベンチャー)」も用意されています。

 ブース展示の中でも、にぎやかなディスプレイで目をひいていたのが、「キャリイ軽トラいちコンセプト」。キャビンを広く取り、収納力を高めた軽トラです。特に移動販売車として使用する際には、キャビンスペースが事務所や会計場所を兼ねるためついぐちゃぐちゃに散らかりがちですが、これは使い勝手がよさそうです。

 鈴木社長はこれらコンセプトカーにふれつつ、今後の技術開発の方向性として、「もっと気持ちよく」、「もっとスマートに」、そして予防安全技術「スズキ・セーフティ・サポート」に代表される「もっと安心、安全に」という、3つの取り組みを掲げました。

詰めかけた海外メディアが裏打ちするスズキの「強み」

 スズキのプレスカンファレンスと、その後の撮影風景で特徴的だったのは、インドや東南アジアのメディアの多さと、アツさです。それもそのはず、インドでスズキは販売シェアNo.1なのです。インド メディアは撮影も前のめりで、特に新型「スイフトスポーツ」の展示に注目が集まっていました。

 また、タイには1967(昭和42)年の創立から半世紀の歴史を誇る「タイスズキモーター社」があるため、スズキのバイクは彼の地にすっかり根付いています。GSX-Rを前に、タイ人プレスが「展示車と一緒に写真撮りたい」とか、「すごいキレイ」とか、高いテンションで話していました。
 鈴木社長が語る「この小さなクルマに込められた技術は、今後需要が伸びていくアジア、アフリカをはじめとする、世界の自動車市場に生かせると考えている」という言葉は、こうした実績に裏打ちされているのでしょう。

 「東京モーターショー2017」は11月5日(日)まで。スズキブースは、東京ビッグサイト東新展示棟1階(東7ホール)です。

関連記事(外部サイト)