コインロッカー不足のワケ 外国人の需要増で数減らす? 「ロッカー以外」のサービスも拡大中

コインロッカー不足のワケ 外国人の需要増で数減らす? 「ロッカー以外」のサービスも拡大中

駅に設置されたコインロッカーのイメージ(画像:写真AC)。

外国人旅行者の増加を背景に、駅などにおける「コインロッカー不足」が聞かれます。鉄道事業者も増設に務めているほか、国としても荷物預かりや配送サービスの整備を推進していますが、解消されるのでしょうか。

「増設」も、「数」としては減っている!?

 荷物を預かってほしい人と、その場所を提供する店舗などをマッチングするインターネットサービスが広まっています。そのひとつ「ecbo cloak(エクボ クローク)」を運営するエクボ(東京都渋谷区)によると、「コインロッカー不足を認識したことから、このサービスを思いつき、2017年1月に開始しました」といいます。

 確かに、駅や公共施設などで、コインロッカーが空いていないという声も聞かれます。その要因のひとつは、外国人旅行者の急増にあるかもしれません。実際のところ、訪日外国人旅行者数は2012年の段階で約836万人だったものが、右肩上がりで増え続け、2016年には2400万人を突破するまでに急増しています。

 そのうち約940万人が大阪府を訪れていますが、大阪市営地下鉄を運営する大阪市交通局も、コインロッカー増設の必要性を認識しているといいます。詳しく話を聞きました。

――大阪市営地下鉄でもコインロッカーが不足しているのでしょうか?

 はい。外国からのお客様の増加を受け、2年前から増設しています。需要が特に多いのは、なんば、心斎橋、日本橋など、ミナミの駅です。ただ、ひと口にコインロッカーといっても、不足しているのは特にスーツケースなどが預けられる大型のボックスであり、既存の場所についても小型を減らして大型のボックスを増やしている状況です。ボックスの数(口数)としては、むしろ減っています。

――口数はどのように推移しているのでしょうか?

 2017年4月以前と以後の数値でお話ししますと、全133駅で3957口あったのが、3734口となっています。うち、大多数を占める小型については2798口から2482口に減少した一方、中型・大型・特大の合計は1159口から1252口に増加しています。

※ ※ ※

 大阪市交通局は今後も場所が確保され次第、ロッカーを設置していくといいますが、重点を置いているのは大型のボックスのようです。

 コインロッカーの設置や運用管理を手掛けるグローリー(兵庫県姫路市)も「新たな場所への増設もありますが、やはり大型ボックスの需要が大きく、口数としては横ばいか、下がっているでしょう」と話します。加えて、「近年はコイン式ではなく、ICカードなどで利用できるロッカーへの置き換えも増えています。そうした機種では集中制御部を設けるため、数口分が削られてしまうことも影響しているかもしれません」とのことです。

コインロッカー不要!? 荷物預かり・配送サービス拡大中

 国としては、コインロッカー不足をどう認識しているのでしょうか。外国人旅行者に対する施策を担当する観光庁に話を聞きました。

――やはり、コインロッカーは不足しているのでしょうか?

 統計的な数値は把握していませんが、外国人のお客様が多く利用される場所では、時間帯によっては「ロッカーを使えない人であふれかえっている」といった声があることを認識しています。

――国としてどのような対策をしていますか?

 日中に大きな荷物を持って歩かなくてもよいよう、選択肢を増やす意味で、公共交通機関や店舗、施設に、荷物の一時預かりや配送を行う「手ぶら観光カウンター」を整備しています。こうしたカウンターを新設したり、機能を強化したりする事業者に対して補助金を出すなどしています。

※ ※ ※

 このように、コインロッカーの代替手段を提供するような動きは民間レベルにも広がっています。冒頭に触れた「ecbo cloak(エクボ クローク)」を運営するエクボに詳しく話を聞きました。

――サービスが誕生した経緯はどのようなものでしょうか?

 渋谷の街を歩いていた当社の代表が、スーツケースを持った外国人旅行者に声をかけられ、それが入るコインロッカーをいっしょに探したところ、全然見つからなかったという経験が背景にあります。その後、全国的にコインロッカーの状況を調べましたが、やはり需要に対して供給が足りていないと認識しています。

――「ecbo cloak」はどのような人が、どのように利用しているのでしょうか?

 利用者は当初9割、現在でも7〜8割が外国の方です。いくつかのメディアにも取り上げられましたが、外国の方のほとんどはSNSを中心とする口コミを通じてこのサービスを知ったようです。利用実態としては、1〜2時間程度の一時預かりから、複数日にわたる保管までさまざまで、外国人旅行者のあいだでは、都内から地方へ旅行する2〜3日のあいだ預けるという使い方も多いです。

――預かってくれる場所はどのようなところに多いのでしょうか?

 やはり、駅やイベント会場の近くなど、便利な場所に位置する店舗が多いです。当初はこちらから店舗に営業して荷物預かり場を増やしていきましたが、最近では店舗のほうから加盟したいと申し出ていただくケースも増えてきました。ゆくゆくは、預けた場所からさらに、荷物を配送するサービスもスタートしたいと考えています。

さらに増える外国人観光客 2020年以降はどうなる?

 コインロッカー不足を受け、荷物を預けたり、配送したりする方法も拡大しているようですが、一方で訪日外国人旅行者は今後も増え続けることが予想されています。政府は東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に、訪日外国人旅行者数を現在の倍近い4000万人に増やすとしており、前出のグローリーも「(コインロッカー)増設のピークは2020年で、それ以後は横ばいになるでしょう」と分析しています。

 今後もロッカー不足は聞かれるかもしれませんが、2020年以降はどのような状況になるのでしょうか。

 観光庁は「2020年以降の展開について、現在のところ公表できることはありません」としたうえで、「『手ぶら観光カウンター』の整備は、特にオリンピックに向けたものではありません。日本の優れた宅配サービスを外国の方にアピールするという側面もあり、オリンピック後も見据えてサービス基盤を整備しているところです」と話します。

 ecboは「オリンピックに向け外国人の需要は拡大していきますが、同時に、日本人にとって生活に必要なサービスとして認識していただけるよう、アピールしていきたいと考えています。テロ対策などで駅のコインロッカーが閉鎖されることもあるほか、外国人を抜きにしても、渋谷などではふだんからコインロッカーが不足しています。お困りの方をひとりでも多く救えればと願っています」といいます。

 他方、駅などではコインロッカーそのものも変化しつつあるようです。

「宅配業者の再配達を減らす一環として、宅配便受け取り用ロッカーが設置される駅も増えています。当社の製品は、これを既存のコインロッカーに追加で取り付け、共通のシステムで運用できます。この需要は今後も伸びていくでしょう」(グローリー)

 コインロッカーに代わる荷物預かりや配送サービスが一般に広がれば、コインロッカー不足は過去の話になるかもしれません。一方で、駅などでコインロッカーが並ぶ風景も、宅配便用ロッカーの整備によって変わる可能性があるようです。

【画像】店舗に荷物を預けられるサービス「ecbo cloak」

関連記事(外部サイト)