新名神高速の高槻JCT/IC〜川西IC間、12月10日開通

新名神高速の高槻JCT/IC〜川西IC間、12月10日開通

新名神高速の高槻JCT/IC〜川西IC間が2017年12月10日に開通(画像:NEXCO西日本)。

新名神高速の高槻JCT/IC〜川西IC間が、2017年12月10日に開通します。

川西IC以西は2017年度末開通予定

 NEXCO西日本は2017年11月7日(火)、建設中の新名神高速・高槻JCT/IC〜川西IC間26.2kmについて、12月10日(日)に開通すると発表しました。

 新名神高速は名古屋市と神戸市を結ぶ延長およそ174kmの高速道路です。高槻JCT/IC間〜神戸JCT間は2016年度の開通を目指して建設が進められていましたが、2016年4月に起きた橋桁落下事故などにより工事が遅れていました。

 高槻JCT/IC〜川西IC間は、開通時は4車線(片側2車線)で整備され、途中には、茨木千提寺IC、茨木千提寺PA、箕面とどろみICが設けられます。

 なお、川西ICから、中国道・山陽道と接続する神戸JCTまでの区間16.9kmは、2017年度末の開通を目指し、引き続き工事が進められます。

【画像】開通区間などの通行料金

関連記事(外部サイト)