「カー・オブ・ザ・イヤー」上位10台決定 「カムリ」「スイフト」「N-BOX」など

「カー・オブ・ザ・イヤー」上位10台決定 「カムリ」「スイフト」「N-BOX」など

2017年にフルモデルチェンジした「カムリ」(画像:トヨタ)。

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が、「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」の上位10台「10ベストカー」を発表しました。

「イヤー・カー」は12月決定

 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2017年11月8日(水)、「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」の第一次選考会を開催し、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」を選出、発表しました。

 ノミネート車は、2016年11月1日から2017年10月31日までに発表または発売され、かつ、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象。今年は、辞退した日産を除く各メーカーから、31台の乗用車がノミネートしました。このなかから選出された「10ベストカー」は次のとおりです(順不同)。

・スズキ「スイフト」シリーズ
・トヨタ「カムリ」
・トヨタ「レクサスLC」
・ホンダ「N-BOX」「N-BOXカスタム」
・マツダ「CX-5」
・FCA「アルファロメオ ジュリア」
・BMW「5」シリーズ(セダン/ツーリング)
・プジョー・シトロエン・ジャポン「シトロエンC3」
・ボルボ「XC60」
・フォルクスワーゲン「ティグアン」

 11月30日(木)から12月2日(土)までの期間に、評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60人の選考委員が投票を実施。さらに12月11日(月)に最終選考会が開催され、38回目となる「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」の「イヤー・カー」が決まります。

関連記事(外部サイト)