大和駅に「乗換改札機」新設へ 相鉄〜JR・東急の直通に向け利用経路を明確化

大和駅に「乗換改札機」新設へ 相鉄〜JR・東急の直通に向け利用経路を明確化

相鉄側から見た乗換改札機設置後のイメージ(画像:相模鉄道)。

相鉄本線と小田急江ノ島線が交わる大和駅に、乗換改札機が新設されます。相鉄線とJR線・東急線の直通運転開始に向けた環境整備の一環です。

2018年3月に18台設置

 相模鉄道(相鉄)は2017年11月8日(水)、大和駅(神奈川県大和市)に乗換改札機を新設すると発表しました。

 大和駅は相鉄本線と小田急江ノ島線の接続駅でありながら、これまで両社のあいだに乗換専用の改札機が設置されておらず、行き来が自由にできる状態でした。

 相鉄は2019年度下期にJR線と、2022年度下期に東急線と、それぞれ相互直通運転を開始する計画です。これに向けた環境整備の一環として、大和駅に乗換改札機を新設し、乗客の利用経路の明確化を図ります。

 乗換改札機は、相鉄と小田急との連絡通路に18台が設置されます。2017年11月下旬に設置工事が始まり、2018年3月から使用が始まる予定です。このほか、案内窓口2か所も設けられます。

 なお、乗換改札機の新設後も、乗車券を持っていれば、引き続き相鉄・小田急双方の改札口を利用できる措置がとられる予定です。

関連記事(外部サイト)