被災の日豊本線、年内復旧 橋流失の久大本線は2018年7月に運転再開へ JR九州

被災の日豊本線、年内復旧 橋流失の久大本線は2018年7月に運転再開へ JR九州

流失した久大本線・光岡〜日田間の花月川橋梁(画像:JR九州)。

JR九州が、九州北部豪雨や台風18号で不通になっている3線区の復旧費や再開時期を発表しました。

日田彦山線の復旧費は約70億円に

 JR九州は2017年11月9日(木)、今年の九州北部豪雨や台風18号により被災し、不通になっている各線区について、復旧費や再開時期などの見通しを発表しました。

 久留米駅(福岡県久留米市)と大分駅を東西に結ぶ久大本線は、7月の九州北部豪雨の影響で現在も光岡(てるおか)〜日田間2.4kmが不通。流失した花月川橋梁(きょうりょう)の復旧工事が進められており、順調に進めば2018年7月中に運転が再開される見込みです。復旧費は約17億円といいます。

 城野駅(北九州市小倉南区)と夜明駅(大分県日田市)を南北に結ぶ日田彦山線も、九州北部豪雨で被災。現在も南側およそ半分の添田〜夜明間29.2kmで、運転の見合わせが続いています。

 JR九州によると復旧費は約70億円で、この金額は「再び同規模の災害が発生しても鉄道の安全を確保できるようにすることを前提としている」といいます。地元自治体や関係者などと今後の進め方を検討していくとしています。

 日豊本線の臼杵〜佐伯間28.6kmは、9月中旬の台風18号の影響で不通に。復旧費は約31億円です。この区間は、2017年12月下旬に運転が再開される予定です。

関連記事(外部サイト)