2021年春開業予定「熊本駅ビル」の概要発表 地上12階の複合施設に JR九州

2021年春開業予定「熊本駅ビル」の概要発表 地上12階の複合施設に JR九州

「熊本駅ビル」の外観イメージ(画像:JR九州)。

JR九州が2021年春に開業予定の「熊本駅ビル」の概要を発表。地上12階、地下1階建てで、商業とホテル、立体駐車場などからなる複合施設です。

2019年春着工

 JR九州は2017年11月8日(水)、熊本駅の白川口側(東側)に建設を予定している「熊本駅ビル」の概要を発表しました。

「熊本駅ビル」は地上12階、地下1階建てで、商業とホテル、立体駐車場などからなる複合施設。JR九州は駅開業後も駅ビルの開発にあわせて住居なども開発し、駅周辺のまちづくりを進めます。

「熊本駅ビル」の延床面積は10万7000平方メートルで、ホテル(200室、プレミアム宿泊主体型ホテル)、結婚式場(多目的バンケット)、商業(シネマコンプレックス含む)を擁し、駐車場台数は800台です。

「陸の玄関口『熊本駅』のにぎわいの創出」「水と緑の立体庭園」「駅立地を活かした多機能施設整備による魅力の向上」をコンセプトに掲げ、さまざまな世代が利用できる施設を目指すとしています。

 駅ビルの工事着手は2019年春、開業は2021年春の予定です。
 

関連記事(外部サイト)