台風で被災の日豊本線、12月18日に全線で運転再開 一部列車は時刻変更

台風で被災の日豊本線、12月18日に全線で運転再開 一部列車は時刻変更

特急「ソニック」は2017年11月14日現在、大分〜佐伯間が運休中(2012年2月、恵 知仁撮影)。

台風18号で被災し不通になっている日豊本線の臼杵〜佐伯間が、2017年12月18日に運転を再開します。

運転時刻は「最終調整中」

 JR九州は2017年11月14日(火)、台風で被災し不通になっている日豊本線の臼杵〜佐伯間28.6kmについて、12月18日(月)に運転を再開すると発表しました。

 この区間は、9月中旬の台風18号の影響で不通に。現在、日豊本線を走る特急「ソニック」「にちりん」「にちりんシーガイア」は一部区間が運休、普通列車は減便やバス代行輸送が行われています。

 12月18日(月)からは全区間で運転が再開されますが、復旧区間の一部で徐行運転が行われるため、一部の列車で時刻の変更が見込まれます。また、普通列車の一部は、運休になる予定です。

 特急列車の指定券は、運転時刻の発表にあわせて発売が案内されます。JR九州によると、運転時刻は最終調整中。決定次第、ウェブサイトなどで告知されます。

関連記事(外部サイト)