エコノミー往復4万、ビジネスでも9万円! ANA、マレーシア行きロングステイ向け新運賃発表

エコノミー往復4万、ビジネスでも9万円! ANA、マレーシア行きロングステイ向け新運賃発表

ANAのボーイング787-8型機(2017年10月、恵 知仁撮影)。

ANAがマレーシア行きのロングステイ向け新運賃を発表。ビジネスクラスが往復9万円、エコノミークラスが4万円です。

必要日数は、9日から6か月

 全日空(ANA)は2017年11月20日(月)、マレーシア行きのロングステイ向け新運賃を発表しました。

「ロングステイ」とは、生活の源泉を日本におきながら行う海外滞在型余暇のこと。その国の文化や生活に触れながら、一般的に「2週間以上の滞在」(一般財団法人ロングステイ財団)を指します。

 今回、対象となる路線は東京(成田・羽田)からマレーシア・クアラルンプールで、搭乗期間は2018年1月10日(水)から9月30日(日)。チケットは2017年12月31日(日)まで発売されます。必要日数(運賃が適用される最低限必要な旅行日数)は、9日から6か月です。

 価格はビジネスクラスが往復9万円、エコノミークラスが4万円(このほか燃料特別付加運賃、航空保険特別料金、現地空港税などが別途加算。通常運賃はビジネスが往復22万9000円から、エコノミーが5万2000円から)。これまでも期間限定発売のプロモーション運賃など、同程度の値頃感の商品は存在していましたが、必要日数が2日から14日と、ロングステイ向けではありませんでした。

 予約はビジネス、エコノミーともに日本出発の28日前まで。購入はビジネスが予約完了の3日以内、日本出発の28日前までで、エコノミーが予約完了後24時間以内、日本出発の28日前までです。手数料1万円で、予約の変更と払い戻しも行えます。

年々拡大する日本人の「ロングステイ人口」

 現在、日本人のロングステイ人口は年間およそ158万人と年々拡大しており、ANAもロングステイ希望国・地域ランキングで11年連続1位のマレーシアのロングステイ需要に着目し、「取り込めていなかったニーズを、新たに取り込んでいく」(ANA)構えです。

 ANAはこれまでにも、北米や欧州、アジア・オセアニアに長期滞在するビジネスマンなどを見据えた運賃設定(65日から1年)を行っていましたが、ロングステイをイメージしたのは今回が初めて。そのため、このたびの第一歩を「未知の世界」としつつも、現在「8割程度」というマレーシア線の搭乗率を生かしつつ、「どのくらいニーズが増えていくのかを見ながら、運賃形態を今後増やしていく」と展望を描きます。周辺各国への拡大についても「ニーズを見て検討していきたい」とのこと。

 今回の新運賃について、ロングステイ財団の弓野克彦理事長は「マレーシアは物価が安く、日本から近く、気温が暖かいので、ロングステイ人口の底上げにつなげられたら」と期待を寄せています。

 また、マレーシア政府観光局のアズラン支局長は自国の魅力を「治安や政治、経済状況が安定しており、生活のコストも安いです。インフラや医療も高い水準です」とPRしています。

関連記事(外部サイト)