九州新幹線・新鳥栖〜新大牟田間のトンネルで携帯電話「圏外」が解消 JR九州

九州新幹線・新鳥栖〜新大牟田間のトンネルで携帯電話「圏外」が解消 JR九州

九州新幹線・新鳥栖〜新大牟田間のトンネル内で携帯電話通信が可能に(2011年5月、恵 知仁撮影)。

九州新幹線・新鳥栖〜新大牟田間のトンネル内で、携帯電話サービスの提供が始まります。

対象区間は合計約2.3km

 JR九州は2017年11月27日(月)、九州新幹線・新鳥栖〜新大牟田間のトンネル内で、12月1日(金)の始発列車から携帯電話サービスの提供を開始すると発表しました。

 対象区間は高田トンネル(1905m)、楠田トンネル(350m)、稲荷山トンネル(52m)で、合計約2.3km。対応する会社はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク(ワイモバイル含む)です。

 なお今後は、新大牟田〜新玉名間、新玉名〜熊本間、新八代〜新水俣間の各トンネル区間でも、携帯電話サービスが順次提供される予定です。

関連記事(外部サイト)