「ハイブリッド電気飛行機」エアバス、ロールス・ロイスなど共同開発へ

「ハイブリッド電気飛行機」エアバス、ロールス・ロイスなど共同開発へ

2メガワットの電気モーターを採用するハイブリッド電気飛行機の飛行実験機「E-Fan X」のイメージ(画像:エアバス・ジャパン)。

エアバス、ロールス・ロイス、シーメンスが、ハイブリッド電気飛行機を共同開発します。

2020年に飛行予定

 エアバスとロールス・ロイス、シーメンスはイギリス・ロンドン時間2017年11月28日(火)、ハイブリッド電気飛行機の実験機「E-Fan X」を共同開発すると発表しました。

「E-Fan X」は地上でさまざまな試験を行った後、2020年に飛行する予定です。BAe 146飛行テストベッドを使用し、4基あるガスタービンエンジンのうちひとつを、2メガワットの電気モーターと入れ替えます。システムの成熟度が実証されれば、もうひとつのガスタービンエンジンも電気モーターに入れ替える予定です。

 エアバスは全体的な統合と、ハイブリッド電気推進システムの制御アーキテクチャ、バッテリー、フライトコントロールとの統合を担当します。

 ロールス・ロイスはターボシャフトエンジン、2メガワットジェネレーター、パワーエレクトロニクスを担当。また、エアバスとともに既存のナセルとシーメンスの電気モーターのファンの適合に取り組みます。

 シーメンスは2メガワット電気モーターとその電子制御装置、変換機、DC/DCコンバータ、電力分配システムを担当します。

 3社によると、航空業界における最重要課題のなかに、化石燃料への依存を減らし、より効率的で環境性能を向上させた輸送方法への移行があるといいます。現在の技術では、欧州委員会「Flightpath 2050 Vision for Aviation」(CO2排出を60%、NOxを90%、騒音を75%削減)のEUの技術環境目標を達成できないことから、電化技術などの研究に投資し、電気およびハイブリッド電気推進技術の早期実現を目指すとしています。

【画像】飛行実験機における3社の分担状況

関連記事(外部サイト)