100系新幹線「前頭オオイ」特別初開放も 「リニア・鉄道館」冬イベント

100系新幹線「前頭オオイ」特別初開放も 「リニア・鉄道館」冬イベント

特別開放される100系新幹線「前頭オオイ」のイメージ(画像:JR東海)。

JR東海が、鉄道について知ることができる冬の期間限定イベントを、「リニア・鉄道館」で開催します。

クリスマススタンプラリーが初開催

 JR東海が2017年12月6日(水)から2018年2月28日(水)まで、「リニア・鉄道館」(名古屋市港区)で冬の期間限定イベント「新幹線大公開 ひみつを知ると、もっと楽しい!」を開催します。

 12月9日(土)から2月25日(日)までの土休日(休館日除く)には、車両連結時以外は通常開けることのない100系新幹線の「前頭オオイ」が初開放されます。また、1月2日(火)からは、新幹線の試験用955形電車「300X」の車内が自由に見学可能に。車内では、1996(平成8)年に電車方式による当時の世界最高速度443km/hを記録した時の運転台の様子が再現されています。

「お仕事紹介」では新幹線運転士(1月13日、14日)と新幹線電気関係社員(2月17日、18日)が参加し、普段の業務内容を紹介。また、スタンプを集めてカードを完成させるクリスマススタンプラリー「あわてんぼうのサンタクロース」が初開催されます(12月9日から24日までの土休日と25日)。

 このほか、普段は入ることのできない100系・700系新幹線の運転台での記念撮影や、模擬運転台で車両運転の操作を体験できるガイドツアー、在来線シミュレータ「運転」の実写版体験などが企画されています。

 休館日は毎週火曜日と年末年始(12月28日〜1月1日)です。12月26日(火)と1月2日(火)は開館します。

【写真】在来線シミュレータ「運転」の実写版

関連記事(外部サイト)