「あおり運転」どうなくす? 警視庁に聞く、させない・されないための対策とは

「あおり運転」どうなくす? 警視庁に聞く、させない・されないための対策とは

危険な「あおり運転」、どう対策するのか。写真はイメージ(画像:Graca Victoria/123RF)。

いわゆる「あおり運転」と呼ばれる危険な運転が社会問題化していることを受け、警視庁も対策を強化しています。「あおり運転」させない、されないための対策や方法を聞きました。

警視庁として初の防止キャンペーン

 警視庁は2017年12月4日(月)、首都高平和島PA(東京都大田区)および平和島本線料金所で、「『あおり運転』は道交法違反」などと書かれたチラシなどをドライバーに配布し、注意を呼び掛けました。

「あおり運転」の防止に主眼を置いた交通安全キャンペーンを行うのは、警視庁では初めてのことだそうです。その背景を聞きました。

――どのような目的でキャンペーンを行ったのでしょうか?

(2017年6月に)東名高速において発生した、いわゆる「あおり運転」による死傷事故が大きな社会問題になったことを受けたもので、重大事故につながりかねない危険な運転を防止するためです。特に、自動車専用道に分類される首都高は速度規制が一般道と同じであることもあり、速度遵守を呼び掛ける目的もありました。

――「あおり運転」はどのような行為が該当するのでしょうか?

「あおり運転」という違反はありませんが、前を走る車両の後ろにぴったりとつき、蛇行やパッシングをくり返し、威圧しながら走行するなどの悪質な運転行為が挙げられます。

「されない」ための対処法とは?

――警視庁としてはどのように対策を考えているのでしょうか?

 各種キャンペーンや啓発活動を通じて「あおり運転」の防止を周知するとともに、悪質で危険、迷惑性の高い違反として、指導や取り締まりを行っていきます。

――ドライバーの目線で、「あおり運転」されないための対処法などはあるのでしょうか?

 十分な車間距離をとって走行することです。ゆとりとゆずり合いの気持ちをもって運転していただくことが大切になります。

※ ※ ※

 警視庁によると、2016年に管内で「あおり運転」を含む車間距離不保持の道路交通法違反で取り締まった件数は107件で、そのうち96件が首都高や高速道路での取り締まりだそうです。道路交通法の第26条では、「車両等は、(中略)その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない」とされており、これに違反した場合は違反点数2点、普通車で9000円の反則金が課せられます。

「あおり運転」の結果、あおったクルマと、あおられたクルマが本線上で停車し、ドライバーどうしで口論に及ぶという事例もありました。警視庁によるとこうした場合、「高速道路の本線上であれば、駐停車違反が成立すると考えられます」といいます。

【画像】貼っておくだけで有効? 「ドラレコ録画中」

関連記事(外部サイト)