美女木JCTに信号機がある理由 首都高と外環道の「交差点」 案内標識も…?

美女木JCTに信号機がある理由 首都高と外環道の「交差点」 案内標識も…?

首都高5号池袋線およびS5埼玉大宮線、外環道が交わる美女木JCT。手前が外環道大泉JCT方面(画像:NEXCO東日本)。

首都高と外環道が交わる美女木JCTは、高速道路のJCTにもかかわらず、一般道の交差点のように信号で制御された平面交差となっています。なぜこのような構造のJCTが誕生したのでしょうか。

立体交差5層構造!?

 首都高5号池袋線およびS5埼玉大宮線と、外環道が交わる美女木JCT(埼玉県戸田市)で、首都高と外環道を行き来した際に、信号待ちを経験した人もいるかもしれません。

 この美女木JCTは高架3層のつくりで、下から外環道本線、JCT部、首都高本線にわかれています。JCT部に用のない人は本線部をそのまま通過できますが、JCT部は平面交差となっており、普通の交差点と同じように信号で制御されています。なお、高架の直下は新大宮バイパス(国道17号)と国道298号が交わる美女木八幡交差点ですが、その地下には新大宮バイパスのアンダーパスも通っており、これらと美女木JCTとを含めると立体交差5層構造とも言えます。

 高速道路のJCTは一般的に、交わる道路どうしが方向別のランプウェイで結ばれ、停まることなく通行できますが、美女木JCTはなぜ信号で制御されているのでしょうか。首都高速道路に話を聞きました。

――信号の付いたJCTというのは、やはり珍しいのでしょうか?

 少なくとも首都高では、「十字の平面交差で信号処理を行っているJCT」は美女木のみです。

――いつから信号が設けられていたのでしょうか?

 美女木JCTはまず1993(平成5)年に5号池袋線と外環道とが、T字の平面交差で接続しました。1998(平成10)年5月にS5埼玉大宮線が開通すると、十字の平面交差となり、このときから信号機の運用を開始しています。

もともとなかった信号機 なぜ設置された?

――そもそも信号機を設ける構造でつくられたのはなぜでしょうか?

 周辺ではすでに区画整理事業がほぼ完了していたため、追加で用地買収をすることなく平面交差で接続することとなりました。なお、信号機については平面交差を通過する車両の安全を考え、(埼玉県警など)交通管理者などとの調整を踏まえて設置しています。

――一般道の信号と異なる部分はありますでしょうか?

 一般道では通常、直径300mmの信号灯器が設置されていますが、美女木JCTでは視認性などを考慮し、直径450mmのものが使用されています。

※ ※ ※

 1993(平成5)年に美女木JCTがT字型で完成した当時は、信号機がなかったこともあり、首都高5号線から右折で外環道の三郷IC方面へ移ることができませんでした。首都高速道路によると、S5埼玉大宮線の開通により十字の平面交差となるにあたり、全方向での行き来を可能にすべく信号を設けたといいます。

 ちなみに、高速道路の案内標識は緑の地色ですが、美女木JCTでは平面交差の手前にある方面案内の標識が、一般道と同じ青地になっています。これは、行き交うクルマが「速度の高いまま交差点に進入することが懸念されたため、交通管理者などと調整した結果、速度抑制を期待して青色にしました」(首都高速道路)といいます。

【路線図】美女木JCTの位置

関連記事(外部サイト)