東急電鉄ほか3社が日露文化交流推進 2018年より東急関連施設で各種イベント開催へ

東急電鉄ほか3社が日露文化交流推進 2018年より東急関連施設で各種イベント開催へ

「ロシア・イン・ジャパン実行委員会」設立記念コンサートにて指揮棒をふるうワレリー・ゲルギエフさん(2017年12月11日、乗りものニュース編集部撮影)。

東急電鉄ほか3社が「ロシア・イン・ジャパン実行委員会」設立の発表会を開催。2018年1月から約3年間、東急グループの施設などでロシアのクラシック音楽やバレエ、フードフェアなどを展開します。

クラシック音楽やバレエ、フードフェアなど展開

 東急電鉄と電通、日本経済新聞、ガスプロム・メディア・ホールディングス(ロシア)の4社が2017年12月11日(月)、「ロシア・イン・ジャパン実行委員会」設立の発表会を開催しました。

 2018年の日露文化交流年を契機に、日本においてロシア文化の促進を図り、両国の親善と事業機会の創出を行うことが目的。「ロシア・イン・ジャパン実行委員会」は2018年1月から2023年3月までの約5年間、東急グループの施設などでロシアのクラシック音楽やバレエ、映画などの上演、フードフェア、ブックフェアといった催しなどを展開していきます。

 2018年の具体的な実施内容は「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2018」(Bunkamura オーチャードホール、6月ごろ)、「マリインスキーオペラ」(東京文化会館、11月ごろ)、「国立トレチャコフ美術展」(Bunkamura ザ・ミュージアム、11月から)、フードフェア(東急百貨店本店、6月・11月ごろ)、ロシアバレエ映画など(Bunkamura ル・シネマ、6月・11月ごろ)、ロシアブックフェア(全国大型書店など、6月・11月ごろ)となっています。

 11日に行われた会見には東急電鉄の野本弘文代表取締役社長のほか、電通の山本敏博代表取締役役社長、小松 潔日本経済新聞社執行役員、ガスプロム・メディア・サブホールディングスのスラファエル・ミナスベキャンCEO、外務省欧州局の相木俊宏審議官、ロシア連邦政府のアレクサンダー・ジュラフスキー文化副大臣、指揮者でマリインスキー劇場芸術総監督のワレリー・ゲルギエフさん、バイオリニストでトランス=シベリア芸術祭芸術監督のワディム・レーピンさん、ピアニストの横山幸雄さんが出席しました。

両国間の関係発展「人のつながり重要」

 東急電鉄の野本弘文代表取締役社長は、「電通さんからちょうど1年前に(設立の)相談を受けました。ここまでまとめてくださった山本社長に御礼申し上げます。当社が培ってきた文化事業を通して、多くの方々にロシアの良質な文化を紹介していきたいです。これがひいてはロシア親善に貢献できるとしたら、当社にとりましても大変な名誉。微力ですが、東急グループとして『ロシア年』を盛り上げてまいりたいと思っています」と話しました。

 外務省欧州局の相木俊宏審議官は「国と国との関係を発展させる上では、人と人とのつながりを深めていくことが重要です。特に文化交流は国民間の相互理解を深める上で非常に有意義です。日本とロシアは隣国であり、アジア太平洋地域における重要なパートナーですが、残念ながら両国民、お互いをよく知っているとはいえません。日露間の人の往来は両国の潜在力に比べて、いまだ十分な水準ではありませんが、(日露による)今年1月からの査証(ビザ)の緩和措置により、8月までの訪日ロシア人の数は前年比4割増となっており、さらに拡大することが期待されています」と委員会設立に期待を寄せました。

 また会場では、ガスプロム・メディア・ホールディングスのドミトリー・チェルニシェンコ社長のビデオメッセージが流され、チェルニシェンコ社長は、日本のアニメ作品や日本文化に関する旅行番組がロシア国内で人気であることを紹介していました。

「ロシア・イン・ジャパン実行委員会」設立を記念し、渋谷ヒカリエで行われたコンサートでは、ワレリー・ゲルギエフさんやワディム・レーピンさん、横山幸雄さんらが、マリインスキー管弦楽団の演奏をバックに、ショスタコーヴィチ『ピアノ協奏曲第1番 ハ単調op.35』など計4曲を披露しました。

関連記事(外部サイト)