ホンダ「フリード Modulo X」発売 専用装備で「上質かつしなやかな乗り味」追求

ホンダ「フリード Modulo X」発売 専用装備で「上質かつしなやかな乗り味」追求

「フリード Modulo X」のイメージ(画像:ホンダ)。

ホンダが、コンパクトミニバン「フリード」をベースに、専用パーツなどでチューニングを施した「フリード Modulo X」を発売します。

「Modulo X」第4弾

 ホンダは2017年12月14日(木)、コンパクトミニバン「フリード」をベースに、専用のカスタマイズパーツなどでチューニングを施した「フリード Modulo X(モデューロエックス)」を15日(金)から発売すると発表しました。

 ホンダアクセスが開発した専用パーツをあらかじめ装着し、販売するメーカー純正のコンプリートカーブランド「Modulo X」の第4弾として登場。ホンダによると、「エモーショナル ツアラー」をコンセプトに、所有する喜びを体現する存在感のあるデザインとともに、アルミホイールやサスペンション、空力パーツなどの専用装備により、意のままに操れる操縦性と、上質かつしなやかな乗り味を追求したといいます。

●「フリード Modulo X」のポイント
・専用エアロバンパーやフロントグリルによる押し出し感の強いフロントデザインを採用。
・フロントエアロバンパー下部に設定したエアロガイドフィンと、ディフューザー形状を工夫したリアロアスカートを採用することで四輪の設置バランスを最適化。高速道路や横風の強い場所での直進安定性に寄与。
・インテリアはピアノブラック調のインテリアパネル、シート表皮にモカブラウンを採用。
・専用のサスペンション、15インチアルミホイール、LEDフォグライト、フロントビームライト、リアエンブレム、本革巻ステアリングホイール、フロアカーペットマットなどを装備。
・ボディーカラーは、「ホワイトオーキッド・パール」「プレミアムスパークルブラック・パール」「コバルトブルー・パール」の全3色。
・エンジンは、ガソリンエンジン車が1.5L直噴DOHC i-VTEC、ハイブリッド車が1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC i-DCD搭載。
・トランスミッションは、ガソリンエンジン車がCVT、ハイブリッド車が高出力モーター内蔵7速DCT。
・消費税込み価格は283万680円から。ハイブリッド車は313万920円から。

 なお、「フリード Modulo X」は、9インチインターナビとドライブレコーダー、USBジャックを装着したタイプも用意されます。

関連記事(外部サイト)