東村山駅の防風壁デザイン案決定 駅東口、西口の地域特性を反映 西武

東村山駅の防風壁デザイン案決定 駅東口、西口の地域特性を反映 西武

東村山新駅舎の東口防風壁デザインイメージ(画像:西武鉄道)。

西武鉄道が、新たに高架化する東村山駅の防風壁デザイン案を決定。駅東口、西口の異なる地域特性が反映されています。

デザインのモチーフは「八国山の自然」「菖蒲」

 西武鉄道が新たに高架化する東村山駅の防風壁(外観)デザイン案を決定しました。同社が東京都と東村山市と連携して行っている、新宿線と国分寺線、西武園線(東村山駅付近)の連続立体交差事業の一環です。

 デザイン案は、東村山市が2016年11月に市民などに向けて意見募集を行った結果をもとに、西武鉄道が素案を作成したのち、2017年9月に素案についてアンケートを実施。多くの賛同を得たことを踏まえて決定されました。デザインの詳細は次のとおりです。

・「八国山の自然」や「菖蒲」をデザインモチーフとして採用。

・ホーム内外の透過性を確保。

・駅東口、西口の異なる地域特性をデザインに反映。

・夜間は一部に暖色系の照明を使用し、あたたかな雰囲気を演出。

・自然をイメージできる緑化や木質感のある材料を使用。

【画像】新駅舎の西口防風壁デザインイメージ

関連記事(外部サイト)