一般道を飛行機が横断? ボーイング787初号機、展示施設へ大移動

一般道を飛行機が横断? ボーイング787初号機、展示施設へ大移動

一般道を横切るボーイング787(2017年12月17日、石津祐介撮影)。

ボーイング787の初号機が、中部国際空港の駐機場から展示施設へ搬入されました。見学のチケットがすぐになくなるほどの注目を集めたこのイベント、どのような内容だったのでしょうか。

ボーイング787が屋内展示へ

 2018年の夏に中部国際空港 セントレアにオープンする商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」。この施設に屋内展示されるボーイング787の初号機が2017年12月17日(日)、同空港の駐機スペースから建設中の展示施設へ搬入されました。

 施設への搬入には787に道路を横切らせる必要があり、この移動の様子がイベントとして公開され、多くの飛行機ファンが集まりました。見学できるチケットをWebで先着順3500名に配布したところ、開始からすぐになくなるほどの人気だったといいます。

 今回展示されるのは、ボーイング787「ドリームライナー」の飛行試験機、ZA001号機で、8年前の2009年12月15日に、アメリカ、ワシントン州のボーイング787型機の組み立て工場に隣接するペーンフィールド空港で初飛行した機体です。

787の生まれ故郷は中部地方?

 ボーイング787は、機体構造の35%が中部地域の富士重工や三菱重工業などで生産されており、その縁から2015年、今回の初号機がボーイングより中部国際空港へ寄贈されました。

 中部国際空港は日本で唯一、787の部品を空輸するボーイング747LCF「ドリームリフター」の就航地点となっており、初号機はこの生まれ故郷に里帰りし、展示されることになります。

 イベントの開始に先立ち、中部国際空港株式会社の友添雅直社長、ANA中部空港株式会社の菊池裕司社長、ボーイングジャパン株式会社のブレット・ゲリー社長による挨拶とテープカットが行われ、その中で友添社長は「今回の移動や将来の展示について、ボーイング社から様々なアドバイスを受けたことを感謝したい」と述べました。

日本初の道路を横切る大移動

 今回は、約900mの距離を約100トンの機体が移動し、道路を横断するという日本初の試みとなりました。

 787は駐機スペースからトーイングカーによって移動し、「ドリームリフター」の横を通り3500人のファンの前にその姿を現しました。機体はしばらく展示され、その間に撮影会も行われ、ANAのスタッフと記念撮影をする親子連れなどで賑わいました。

 その後、機体は工事中の展示場へと移動を開始。大勢のフタッフが慎重に誘導を行い、機体は無事に道路を横切り、翼端と建物のクリアランス(すきま)がわずか70cmというタイトな状況で展示場に搬入されました。

 搬入が無事に終了すると関係者からの拍手が湧き起こり、今回トーイングを担当したANA中部空港、グランドサービス部ランプサービス課の松永悟さんは「数cm単位の調整を行い、風を考慮して操作しました。自分では100点満点のトーイングができたと思います」と感想を述べました。

「フライト・オブ・ドリームズ」は2018年夏頃のオープンを予定しています。

関連記事(外部サイト)