観光列車で正月イベント タブレット端末を使った「おみくじ」など実施 JR九州

観光列車で正月イベント タブレット端末を使った「おみくじ」など実施 JR九州

振袖姿の客室乗務員のイメージ(画像:JR九州)。

JR九州が観光列車で正月イベントを実施。計7列車で振袖姿の客室乗務員らが日本酒を振る舞ったり、タブレット端末を使ったおみくじが実施されたりします。

振袖姿の客室乗務員が日本酒を振る舞う

JR九州が2018年1月1日(月・祝)から、観光列車で正月イベントを実施します。詳細は次のとおりです。

・特急「ゆふいんの森」(博多〜由布院)
振袖姿の客室乗務員による日本酒の振る舞い、客室乗務員手作りの「三社参りMAP」進呈など。

・特急「あそぼーい!」(別府・大分〜阿蘇)
3号車「くろカフェ」内におみくじを設置。「くろちゃん」に関するクイズを実施。

・特急「かわせみ やませみ」(熊本〜人吉)
タブレット端末を使ったおみくじを実施。沿線、球磨村の特産品初売りを実施。

・特急「いさぶろう・しんぺい」(熊本〜人吉〜吉松)と、特急「はやとの風」(吉松〜鹿児島中央)
両方に乗るとオリジナルスプーンセットを進呈。

・特急「指宿のたまて箱」(鹿児島中央〜指宿)
客室乗務員が鹿児島特産「大島紬」のベスト姿で登場。客室乗務員手作りのおみくじを用意。

・特急「海幸山幸」(宮崎〜南郷)
鵜戸神宮の「運玉」で運だめしを実施。

関連記事(外部サイト)