フロント二輪「TRICITY125/ABS」の2018年モデル、1月発売 ヤマハ発動機

フロント二輪「TRICITY125/ABS」の2018年モデル、1月発売 ヤマハ発動機

「TRICITY125 ABS」2018年モデルのイメージ(画像:ヤマハ発動機)。

ヤマハ発動機がフロント二輪のオートマチックコミューター「TRICITY125」と「TRICITY125 ABS」の2018年モデルを発売します。

「BLUE CORE」エンジン搭載

 ヤマハ発動機は2018年1月20日(土)、フロント二輪のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)125」と、ABSを装備した「TRICITY125 ABS」の2018年モデルを発売します。主な変更点は次のとおりです。

・高燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ機構)搭載の124立方センチメートル「BLUE CORE」エンジンを搭載
・乗り心地と足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンション
・足付きを考慮したシート高765mmのメインシート
・高級感のあるLEDヘッドランプ

 製品は、タイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co.,Ltd.)で生産されます。年間、国内の販売計画はシリーズ合計で1500台です。

「TRICITY125 ABS」は、ホワイトメタリック6とライトシアンメタリック4の2色を用意。消費税込みのメーカー希望小売価格は各43万2000円です。「TRICITY125」は、ホワイトメタリック6とマットグレーメタリック3の2色で、消費税込みのメーカー希望小売価格は各39万4200円です。

 なお、この車両区分は「第二種原動機付自転車(原付二種)」、運転には「小型限定普通二輪車(AT含む)免許」以上が必要です。

関連記事(外部サイト)