「瀬戸大橋線開業30周年イベント」開催 記念列車の出発式などを実施 JR四国

「瀬戸大橋線開業30周年イベント」開催 記念列車の出発式などを実施 JR四国

2018年4月に開業30周年を迎える瀬戸大橋(画像:photolibrary)。

JR四国が「瀬戸大橋線開業30周年イベント」を開催。記念列車の出発式と記念ヘッドマークの取り付け式が行われます。

30年を振り返るパネル展も実施

 JR四国が2018年に「瀬戸大橋線開業30周年イベント」を開催します。1988(昭和63)年4月10日に開業した本四備讃線(瀬戸大橋線)が2018年に30周年を迎えることがきっかけ。詳細は次のとおりです。

・4月10日(火)に、記念式典として記念列車の出発式と記念ヘッドマークの取り付け式を実施。出発式は岡山駅、取り付け式は高松駅で行われます。ヘッドマークの取り付け列車は「マリンライナー」。デザインは香川県と岡山県が一般募集したシンボルマークが使用されます。

・JR西日本岡山支社と共同作製の、記念入場券を発売。

・香川県と岡山県の駅で、30年を振り返るパネル展を実施。

・香川県と岡山県の駅や観光施設で記念スタンプラリーを実施。抽選で県産品を進呈。

・そのほか、ウォーキングイベントや記念駅弁などを検討中。

関連記事(外部サイト)