2018年モデルの「MT-03」「MT-25」3月発売 カラーリングとグラフィック変更 ヤマハ発動機

2018年モデルの「MT-03」「MT-25」3月発売 カラーリングとグラフィック変更 ヤマハ発動機

「MT-03」と「MT-25」の2018年モデルイメージ(画像:ヤマハ発動機)。

ヤマハ発動機が、「MT-03」と「MT-25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして発売します。

ハイエンドモデルとの関係をより強調

 ヤマハ発動機は2018年3月5日(月)から、水冷・直列2気筒320ccエンジンを搭載する「MT-03」と、水冷・直列2気筒249ccエンジンを搭載する「MT-25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして発売します。

「MT-03」「MT-25」は、“MTシリーズ”のエントリーモデルとして開発。2018年モデルはそれぞれ3色設定で、“MTシリーズ”ハイエンドモデルとの関係をより強調したグラフィックになっています。

 ブラックを基調にヤマハスポーツスピリットを表現するブルーを配色しスポーティなイメージを強調した「ディープパープリッシュブルーメタリックC」、ホイールやグラフィックにイエローのアクセントカラーを加え軽快感を表現した「マットグレーメタリック3」、マットとグロスのコンビネーションに加え夜間に光を反射する新グラフィックを施た「マットブラック2」の3色です。

「MT-03」の消費税込みのメーカー希望小売価格は56万7000円、「MT-25」は53万4600円。年間、国内の販売計画は「MT-03」が700台、「MT-25」が1800台です。

 製造はグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行います。

関連記事(外部サイト)