「救急隊員が自販機で飲み物を買っていた」市民が質問 大阪市の答えは

「救急隊員が搬送後に自販機で飲み物を買っていた」という市民の指摘に、大阪市が回答

記事まとめ

  • 大阪市のサイトに「隊員が病院に搬送後に自販機で飲料を購入、これはありか」と投稿
  • 大阪市は「救急車内での血液の拭取りに労力を要した、水分補給を行う必要も」と回答
  • 大阪市消防局は、隊員に熱中症予防のため、適宜水分補給を行うよう周知しているそう

「救急隊員が自販機で飲み物を買っていた」市民が質問 大阪市の答えは

「救急隊員が自販機で飲み物を買っていた」市民が質問 大阪市の答えは

救急隊には連続出場や長時間活動もある。画像はイメージ(画像:photolibrary)。

患者を病院へ搬送したあと自販機で飲み物を買っていた救急隊員に、市民から声が寄せられました。

救急隊員は次の出場に備え水分補給を行う必要があった

 2018年1月1日(月・祝)、大阪市のウェブサイトに、救急隊員の行動に対する市民の意見が掲載されました。「隊員の男性三名の方が病院に搬送後、数メートル離れた自販機で飲み物を三名とも購入されていました」「その後、救急車の中でその飲み物を飲まれているようでなかなか出車せずでした。勤務中のこのような行動はありなのでしょうか?教えてください」という内容です。

 この声に対し大阪市は、「出場した救急隊員から聞き取りを行いましたところ、救急車内での血液付着が多く、その拭取りと消毒に労力と時間を要したとのことであり、そのような活動を勘案した場合、次の出場に備え水分補給を行う必要があったと考えます」としています。

 救急隊員の飲食や休憩のルールはどのように定められているのか、大阪市消防局に聞きました。

「救急隊員は、交代制の隔日勤務で働いており、勤務時間の24時間のうちに、休憩を8時間30分(仮眠時間含め)取ることが定められています。大阪市では、救急隊1隊につき1日に10件以上の出動を行うこともあるため、休憩を決まった時間や場所で取れる状況ともかぎりません」

 大阪市消防局は救急隊員に、熱中症などから体を守るためにも、適宜水分補給するよう周知しているそうです。

関連記事(外部サイト)