焼きいもにショートケーキ、なぜ飲料化? 駅ナカ自販機に風変わりドリンクが並ぶワケ

JR東日本の駅ナカ自販機にオリジナリティあふれる飲料が続出 ケーキなどを飲料化

記事まとめ

  • JR東の駅ナカ自販機には、どのような発想で生まれたか想像もつかないような商品が並ぶ
  • 焼きいも、ソフトクリーム、ショートケーキが、ソフトドリンクとして商品化されている
  • JR東は独自飲料について、より楽しい気持ちになれる様な商品展開したいとの考えを語る

焼きいもにショートケーキ、なぜ飲料化? 駅ナカ自販機に風変わりドリンクが並ぶワケ

焼きいもにショートケーキ、なぜ飲料化? 駅ナカ自販機に風変わりドリンクが並ぶワケ

JR東日本の駅構内で見られる自動販売機「アキュア」。おなじみの飲料メーカーの商品にまじり、独自開発商品が並ぶ(2018年1月、乗りものニュース編集部撮影)。

JR東日本駅ナカ自動販売機「アキュア」には時おり、どういった発想で生まれたのか想像もつかないような商品が並んでいます。なぜ、「焼きいも」や「ショートケーキ」などを飲料化しようとし、そして商品化に至ったのでしょうか。

自社開発のはじまりは2007年

 焼きいも、ソフトクリーム、ショートケーキ。一見、おやつの名前を並べたように見えますが、実はこれらすべて、ソフトドリンクとして商品化されているものです。

 風変わりすぎるこれらのソフトドリンクは、JR東日本の駅ナカにだけ設置されいる自動販売機「アキュア」で購入できます。「アキュア」とは、JR東日本のグループ会社である、JR東日本ウォータービジネス(東京都渋谷区)が展開する駅ナカ自販機ブランドで、上記のほかにもこれまで、オリジナリティあふれる他社の追随を許さないような商品をいくつもラインアップしてきました。そこにはどのような背景があるのでしょうか。同社に話を聞きました。

――なぜ、ほかでは見ないようなオリジナリティあふれる商品を展開しているのでしょうか?

 たとえば、普段だったらお腹が空いた時にコンビニでおにぎりを買うところを、新幹線に乗る前だったら、ちょっとリッチな駅弁を買ってみようと思うことがあるかもしれません。駅ナカと街中では、商品に対する需要が違うことを踏まえ、より楽しい気持ちになれるような商品を展開しようと考えています。

 自販機は、基本的には各メーカーさんの商品を集めて販売する「ブランドミックス」というかたちをとっていますが、既存商品から集められない部分に関しては、独自で商品開発を行っています。飲料を製造できる自社工場はないため、様々な飲料メーカーと共同で開発しています。

――独自商品の開発を始めたのはいつからでしょうか?

 2007(平成19)年です。伊藤園さんと「朝の茶事」を開発し販売したのが最初です。その後、果汁飲料などをつくるようになり、現在に至っています。

独自開発商品の売れ行きは?

「朝の茶事」以降、さまざまな独自商品をラインアップしてきた同社ですが、そうしたなか2016年春、「まるで飲むソフトクリーム」とうたい発売した「贅沢バニラミルク」が人気となり、その後続商品として「贅沢バニラミルク いちごミックス」が発売されました。一方でもちろん、販売終了に至ったケースもあります。

「商品開発には、お客様の声や売れ行き状況を反映しています。ですが、必ずしも売れなかったら悪いということではなく、「アキュア」の商品ラインナップ全体として、楽しんでいただけるようにと思っています。これをきっかけに、「アキュア」を知ってもらえればとも考えています」(JR東日本ウォータービジネス)

 ちなみに、「アキュア」の最新商品は、2018年1月9日(火)に新発売となった果汁飲料「愛媛みかん」。あの「ポンジュース」のえひめ飲料(愛媛県松山市)との共同開発です。

 JR東日本ウォータービジネスは「今後も独自の商品展開を続いていく」としています。

【画像】「アキュア」の次世代自販機

関連記事(外部サイト)