青いラッピング電車「けいきゅん×マハエ号」運行 沖縄のイラストなど掲出

青いラッピング電車「けいきゅん×マハエ号」運行 沖縄のイラストなど掲出

特別仕様にラッピングを施した「けいきゅん×マハエ号」のイメージ(画像:京急電鉄)。

京急電鉄や沖縄県、沖縄観光コンベンションビューローが、「京急×沖縄フェア2018」を開催。フェア期間中は「京急×沖縄フェア2018」特別仕様にラッピングを施した「けいきゅん×マハエ号」を運行します。

車内一面に沖縄情報が書かれたポスター掲載

 京急電鉄や沖縄県、沖縄観光コンベンションビューローが2018年1月22日(月)から2月28日(水)まで、「京急×沖縄フェア2018」を開催します。今年で6回目。フェア期間中は「京急×沖縄フェア2018」特別仕様にラッピングを施した「けいきゅん×マハエ号」が運行されます。詳細は次のとおりです。

・「けいきゅん×マハエ号」は、羽田空港の空をイメージした青い車体の600形電車で、外装には沖縄の方言や沖縄ならではのイラストを掲出。運行期間は2月25日(日)まで。

・沖縄観光親善使節の「花笠マハエ」ちゃんと「マハ朗」くん、沖縄仕様の京急電鉄マスコットキャラクター「けいきゅん」が旅行者をお出迎え。

・車内一面に食や文化、自然、観光地など、沖縄の情報を紹介したポスターを掲載。

・フェア期間中は、京急百貨店や羽田空港国内線ターミナル、ウィング上大岡でさまざまなイベントを開催。

・アンケートに答えると、沖縄旅行や沖縄関連賞品が抽選で44人に当たる「京急に乗って沖縄へGO!プレゼントキャンペーン」を実施。

 京急電鉄は「都心と羽田空港をつなぐ京急電鉄が、お客さまと沖縄をつなぎ、更なる沖縄への誘客を図り、京急グループ全体で沖縄を盛り上げます」としています。

【画像】「京急×沖縄フェア2018」のキャラクターたち

関連記事(外部サイト)